close

2021.04.05

メーカーズボイス

「イソスピード(ISO SPEED)」自慢の【ポリのマルチ】、1.20㎜、1.30㎜を編集部が試打インプレ【テニス試打】





テニスクラシック試打インプレ「コントロール・クラシック」

[インプレッション01]
ISOスピード「コントロール・クラシック」
●兄弟モデルの内、ゲージが1.30mmと太いのが「コントロール・クラシック」




編集部(川)
強く叩くほどにマイルドさが!
スイングで飛ばせる経験者にとっては
かなりいいストリングだと思う

まず、マイルドな打球感が素晴らしい。それと、すごくボールに食いついてくれるので、コントロールがしやすいし、ちゃんと狙った場所に飛ばせる感覚がある。

特に厚く捕らえていくほどに、フィーリングがよくなるのがおもしろい。
1.30mmということで、もちろんパワーがすごいという代物ではないものの、かといって飛びが悪くなるほどではないので、そこは安心していいだろう。ポリ素材の特徴なのか、強く打つほど、弾道も安定するし、スピン量も過剰に増えない。イメージどおりに打ちやすいストリングだと言える。

ポリのマルチということで、耐久性があるというのはうれしいところ。ハードヒットしても、ブレないボールコントロール性は、ぜひ体験してほしいなと思う。

簡単になりすぎない感じのストリングなので、テニス経験者で中上級者以上の人がいいのではないだろうか。自分で飛ばす技術がある人は、このストリングの長所を享受できると思う。スイングなりに飛んでくれて、すごくマイルドな打球感も得られるし、コントロールもいい。使いやすいと思う。





編集部(広)
高さの調整がすごくしやすい
そしてデュエルタイムが長いため
フィーリングもいいし、早いテンポで打ちやすい

いい意味で、かなりポリっぽくない。
このストリング自体、元々はポリでナチュラルを再現しようとしたものだが、打ってみると「ほぉ、なるほど」と感じる。言わずに試打してもらったら、きっとナイロンと間違う人続出だと思う。

再現度が高いなぁ、と思うのは、ストリングの見た目。ちょっと黄色がかっっていて、所々おりのような白濁した部分がある。ナチュラルみたい! と思わず、にやけた。

1.30mmということで、やはり過剰な飛びは期待できない。一方で、想像どおり、高さの調整がとてもしやすいということをお伝えしたい。ネット上のココ! というところを狙いやすくなり、ネットミスやオーバーミスが少なるため、テニスが楽しくなる。

また、マルチフィラメントだからだろうか、打球時のダンピングが大きく、いわゆるデュエルタイム(ボールとストリングが接している時間)が長く感じられた。だからこそ、食いつきがよく感じるし、ライジングが打ちやすいなと感じた。
また、ボレーが非常に非常に心地よい。うまくなったような気になってしまった(笑)

はっきりいって、ポリではあるものの、ストリングにパワーを求める人は「コントロール・クラシック」をおすすめしない。おそらくだが、その特徴からすると、ボックス形状のラケットと相性がいいのではないだろうか。
また、パワーがあるラケットを使用している人が、フィーリングをよくするために使うというのもいいのではないだろうか。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP