close

2021.04.05

大会情報

全仏オープンが延期の可能性。フランスが3度目のロックダウンを開始

フランスが再びロックダウンへ。スポーツ大臣「日程を変更すべきか話し合っている」

ハードコート・シーズンが終わり、各選手がクレーコートへの準備を始める中、5月23日より開幕を予定している全仏オープンが延期になる可能性があると、フランスのスポーツ大臣が明かした。

【動画】厳しいコンディションの中、全仏オープン13度目の優勝を果たしたナダル

例年5月下旬から6月にかけて行われる全仏オープンだが、昨年は新型コロナウイルスのパンデミックにより9月に延期。観客数も大きく減らしての開催となった。大会側は、今年こそ従来の日程で行おうとしていたものの、フランスでは新型コロナウイルスが急拡大。5月に入ってから感染拡大防止策として、3度目のロックダウンをスタートさせている。

その中、フランスのスポーツ大臣を務めるロクサナ・マラシネアヌ氏は同国の国営ラジオに出演。同大会の開催について、「我々はすべてのスポーツや主要イベントの再開時期に合わせて、大会の日程を変更すべきかフランステニス連盟と話し合っている」と、日程変更の可能性を示唆した。また、「我々はプロスポーツの中でウイルスを拡散させるクラスターのリスクを抑制しようとしている」と開催に向け、力を尽くしているとした。

また、今年2月にフランステニス連盟の会長に就任したジル・モレトン氏は、「今のところ大会は予定通りの日程で行われる。だが、2ヵ月のロックダウンがあれば、対策をしなければならない。最悪は中止だが、それは考えられない」としている。

昨年の大会は、開催の約2ヵ月前の3月中旬に延期を発表。9月下旬の代替日程を発表したものの、ITFやATP、WTAに相談なしに独断で決定したとして騒動になっていた。結果的に9月27日から開催となったものの、開催時期を変更したことで気温が低下。例年とは大きく異なるコンディションに選手からも不満の声が上がっていた。果たして今年はどのような日程になるのか気になるところだ。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

注⽬の記事PICK UP