close

2021.04.15

メーカーズボイス

スピンがかかる! テニス用メンテナンスギア「ストリンググライド」、1回約20円でストリングが見違える!!

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

「ストリンググライド」で
トップスピンがかけやすくなる

どのレベルでも楽しめるというのが、テニスの良いところだ。
最初は、ボールを打つだけでも十分楽しい。それが、少しずつコントロールできるようになり、強いボールを打てるようになるとさらに楽しくなり、うれしくなる。次はサーブだろうか? アンダーサーブで入れていたものが、上から打って入るようになったら、うれしいもの。年を経るほどに、昔の記憶は薄れるものだが、みんなそんなうれしさ、楽しさを感じながら、テニスをやってきていると思う。

そんな上達の段階の中で、一つ大きな段階と言えるのが、「トップスピン(純回転)をかける」ことだと思う。





ボールの進行方向に対して、回転軸が横になり、(打ったプレーヤーから見て)手前から奥側にボールが回転するトップスピン。フラットで強く打つボールでは、オーバーやネットが増えてしまう。そこにトップスピンをかけられるようになると、ボールの軌道が上がりやすくなり、ネットがしにくくなる。そしてマグヌス効果(回転しながら進む物体にその進行方向に対して垂直の力が働く現象)によって、ボールが落ちてベースラインより内側に落ちやすくなる。さらに、コントロールも付けやすくなるといいことばかりだ。

単に強いボールが打ちやすくなるだけではない。ボールの軌道を高くできる特徴があるので、より多角的に打ちやすくなり、調節次第ではショートアングルも打ちやすくなる。もちろん、フラットでだってコース打ちは可能だが、孤を作りやすいトップスピンのほうが容易である。





無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

タグ

注⽬の記事PICK UP