close

2021.04.15

選手情報

日比野菜緒がストレート勝利でベスト8入り! 1回戦の死闘も2回戦では疲れを感じさせず[MUSCヘルス女子オープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

日比野菜緒、世界151位に勝利で今シーズン初のベスト8入り

「MUSCヘルス女子オープン」(アメリカ・チャールストン/WTA250)シングルス2回戦、世界ランキング88位の日比野菜緒(ブラス)が、同151位のフランチェスカ・ディ・ロレンゾ(アメリカ)を6-4、6-3で下し、準々決勝進出を果たした。

【動画】日比野菜緒が土居美咲との死闘も2回戦はストレート勝利!

今大会1回戦で日比野は、土居美咲(ミキハウス)と対戦。3時間9分にもおよぶ死闘の末に両者、足を痙攣しながらもプレー。ファイナルセットのタイブレークで土居が途中棄権し、日比野が6大会ぶりの勝利を挙げていた。

この日の試合は第1セット、両者サービスキープに苦しみ、互いに3度のブレーク。日比野は常に先行したもののリードを守ることができない。だが、イーブンとなった5-4で、日比野はディ・ロレンゾのサービスゲームでミスのないストロークで攻め込むと、計6度のセットポイントを奪う。これを生かした日比野が、第1セットを6-4で先取した。

第2セット、サービスゲームに安定感の出てきた日比野は、第3ゲームでブレークを許したものの、ディ・ロレンゾのサービスゲームを2度破り、5-3とリード。サービング・フォー・ザ・マッチでは相手に粘られたものの、これをしっかりキープし、ストレートでベスト8入りを決めた。

勝利した日比野は、準々決勝で第1シードのオンス・ジャバー(チュニジア/世界27位)とアリシア・パークス(アメリカ/世界313位)の勝者と対戦する。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP