close

2021.04.16

選手情報

日比野菜緒、準々決勝で世界27位のジャバーと対戦。昨年の全仏OP以来[MUSCヘルス女子オープン]

Photo by Chris Smith

日比野菜緒は第1シード、ジャバーと対戦。ベスト4入りなるか

「MUSCヘルス女子オープン」(アメリカ・チャールストン/WTA250)は、4月16日のオーダー・オブ・プレーを発表。日比野菜緒(ブラス/世界ランキング88位)のシングルス準々決勝は、センターコート第2試合(第1試合は日本時間17日2時試合開始)に行われることとなった。

【画像】「MUSCヘルス女子オープン」4月16日のオーダー・オブ・プレー

今大会、日比野は1回戦で土居美咲(ミキハウス/世界78位)と対戦し、3時間9分のロングマッチの末に、土居の途中棄権で6大会ぶりに勝利。2回戦では、疲れを見せることなくフランチェスカ・ディ・ロレンゾ(アメリカ/世界151位)をストレートで下し、昨年9月の「ストラスブール国際」(フランス・ストラスブール/WTA250)以来のベスト8入りを果たした。

その準々決勝では、今大会1セットも落としていない第1シードのオンス・ジャバー(チュニジア/世界27位)と対戦する。両者は、昨年の全仏オープン2回戦で対戦しており、その時はジャバーが7-6(4)、6-4で勝利している。

パワフルなフォアハンドだけでなく、スライスやドロップショットで相手を揺さぶることが得意なジャバー。約半年ぶりに戦う相手に、日比野はどのような戦いを見せるだろうか。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録