close

2020.06.23

選手情報

ジョコビッチが新型コロナの陽性を公表 妻エレナ氏も感染

ついに、考えうる最悪の事態が起きてしまった。
世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が、新型コロナウイルスの陽性反応が出たことを明らかにしたのだ。子どもは陰性だったが、エレナ夫人も陽性だったという。

第2戦のクロアチア・ザダル大会の中止後、ジョコビッチは、クロアチアから母国セルビアに移動。ベオグラードに到着してから新型コロナウイルスの検査を受け、陽性であることを確認したという。この結果にジョコビッチは、「残念ながら、ウイルスはまだ存在している。時間がたって、症状が緩和され、以前のような生活ができるようになることを願っています。個々の感染は申し訳なく思う。これ以上悪化しないように、そして元気になることを願っています」とコメントした。

ジョコビッチ主催のエキジビションマッチ「アドリア・ツアー」が、6月13日にセルビア・ベオグラードで華々しいスタートを切ったかに見えた。
しかし、クロアチア・ザダルで行われた第2戦後には、グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)やボルナ・チョリッチ(クロアチア)、ビクトル・トロイツキ(セルビア)ら3選手が、陽性反応が出たことを発表。さらに、ジョコビッチのフィットネストレーナーや、ディミトロフのコーチ、お腹に子供を授かっているトロイツキの妻も陽性であることを明らかにしている。

アドリア・ツアーでは、満員のスタジアムや握手、ハグが日常的に行われ、試合後には選手同士がナイトクラブで踊る姿も判明。波紋を呼んだ。
これに対して、ジョコビッチは「この1ヵ月間、我々がしたことはすべて、純粋な心と真摯な気持ちでやったこと。大会は、地域で団結、連帯と思いやりのメッセージを共有することを意味している。集められた資金を必要としている人たちのために役立てようという、慈善的な考えから生まれたものだ」と、意味のある大会であることを強調した。

今後、ジョコビッチは14日間の隔離期間を設け、5日後に再検査を行う予定だという。

関連する記事RELATED