close

2020.06.20

選手情報

フェデラーの復活にハースが太鼓判「再びベストにもってくる」

ツアー再開の話題がテニス界を揺るがせている中、元世界2位で「BNPパリバ・オープン」(ATP1000/インディアンウェルズ)のトーナメントディレクターを務めるトミー・ハース氏が、ロジャー・フェデラー(スイス)の再起について言及。「最適な準備をすれば、来年期待できる」と、フランスメディア『WeLoveTennis』が伝えた。

今年8月で39歳を迎えるフェデラーは、2月に右ヒザの手術を受けたが、回復が思うように進まず、追加の手術を行った。そのリハビリの時間を十分に取るため、今シーズンのカムバックを断念。自身のSNSを通じて、「2021年シーズンで会えるのを楽しみにしている」と綴っている。

このキャリア後半で決断にしたフェデラーに対し、「彼は、まだ精神的に飢えている。もし今の時間を使って休息を取り、チームで最適な準備をすれば、2021年も彼に期待できるだろう」と、ハースはコメント。続けて、「僕は彼が再びベストな状態に持ってくることを確信している。彼はグランドスラムで何度も優勝しているんだ」と、王者の復活を期待した。

果たして、来年フェデラーはどのような復活劇を見せてくれるのか、楽しみだ。

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma