close

2020.06.16

選手情報

名伯楽がツアー再開時のワウリンカのプレーに期待「シーズン開幕のプレーができる」

6月15日、ATP公式サイトはスタン・ワウリンカ(スイス)のコーチを務めるダニ・バルベルドゥ氏が『ATP Tennis Radio』で語ったインタビューを掲載。ワウリンカが、シーズン開幕時と同様のコンディションであると話した。

バルベルドゥ氏は、2010年よりアンディ・マレー(イギリス)のコーチに就任。2度のグランドスラム優勝やロンドン五輪金メダルに導いている。その後、トーマシュ・ベルディチ(チェコ)やグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)のコーチを務め、現在は女子世界3位のカロリーナ・プリシコワ(チェコ)とともにワウリンカを指導している。

この2週間、バルベルドゥは、モナコで行っているワウリンカの練習に帯同。「昨年からの勢いも良かったし、オフシーズンも良かった。特に彼の体調が良くて、ケガをしていないことが何よりだ」とコメントした。2017年に左ヒザの手術を受けたワウリンカだが、昨年から成績が安定。今年は3大会に出場し、いずれもベスト8以上と好調を維持している。「彼はキャリア後半に差し掛かっていて、難しい手術も受けている。だからこそ、僕たちはトレーニングや試合のスケジューリングをする時には、彼の体にどのような影響があるのかを考える必要がある」と、体のケアに注意を払っていることを明かした。
続けて、再開に向けて「今のスタン(・ワウリンカ)にはボールをたくさん打つこと、試合をする必要がある」とも語っている。

2017年5月からツアータイトルが遠ざかっているワウリンカ。数々の名選手を指導した名伯楽のもとで、復活ののろしを上げることができるか楽しみだ。

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma