close

2021.04.30

選手情報

フェデラーが使用ギアをオークションに出品。収益は自身の財団での使用

ナダルとの激闘で使用しら
ラケットなどを出品したフェデラー


ロジャー・フェデラー(スイス)が、自身の財団のために、私物を世界的オークションハウス「クリスティーズ」に出品した。

【SNS】フェデラーの出品を伝えるクリスティーズのSNS


出品されたのは、ラファエル・ナダル(スペイン)とフルセットの末に勝利した2007年のウィンブルドン決勝で使用したラケット、2009年全仏オープンで使用したシューズ(土がついているもの)、同じく優勝した2012年ウィンブルドンで着用したカーディガンとラケット、2017年ウィンブルドンで使用したバッグなど。合計20品が出品され、価格は3,000ポンド(約45.5万円)〜7,000ポンド (約106万円)程度になる模様。オークションは、6月23日〜、7月13日、14日で行われる予定だ。

フェデラーは、今回の出品について「オークションに出したものは、すべて私のテニスのキャリアの瞬間を象徴するもの。私のコレクションの一部を世界中のファンと共有することができます。重要なことは、収益をロジャー・フェデラー財団をサポートするものにし、アフリカやスイスの子どもたちの教育をサポートするために使用するということです」と財団で使用するためのオークションであるとコメントを出している。


続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録