close

2021.05.10

選手情報

錦織圭は45位に。マドリード大会準優勝のベレッティーニが9位に上昇。5/10付ATP世界ランキングが発表

写真提供:ゲッティ イメージズ

マドリード大会優勝のズベレフは
ポイントアップも6位は変わらず


5月10日、ATPは世界ランキングを更新。錦織圭(日清食品)は、2つ順位を下げて45位に、西岡良仁(ミキハウス)は59位と1つ順位を上げた。また、ダニール・メドベデフ(ロシア)とラファエル・ナダル(スペイン)の順位が入れ替わり、メドベデフが再び2位となっている。

【画像】ATPランキングTOP20+その他の日本人をチェック(300位以内)


ATPマスターズ1000マドリード大会で優勝したアレクサンダー・ズべレフ(ドイツ)は、6,945ポイント(前週6,125)となったものの、順位は6位のまま変わらず。準優勝となったベレッティーニは、順位を1つ上げて、2020年10月12日以来となる9位となっている。

そして同大会でベスト4になったキャスパー・ルード(ノルウェー)は、6つ順位を上げてキャリアハイとなる16位に。ATPマスターズ1000モンテカルロ大会、ATP250ミュンヘン大会、そしてマドリード大会と3大会連続でベスト4と調子の波に乗っているだけに、今週のATPマスターズ1000ローマ大会でも注目度は高まる。

今週開催のローマ大会、日本からはシングルスに錦織、ダブルスにマクラクラン勉(イカイ)が出場する。その戦いに注目したい。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録