close

2021.05.11

選手情報

元世界一マレーが現世界一ジョコビッチと練習、激しい打ち合いを見せる

ビッグ4のマレー、ジョコビッチが
激しい打ち合いを披露


5月10日、アンディ・マレー(イギリス/世界ランク123位)は、「BNLイタリア国際」(イタリア・ローマ/ATPマスターズ1000)開催中のフォロ・イタリコでノバク・ジョコビッチ(セルビア/同1位)と練習を行った。

【動画】マレーとジョコビッチの練習動画(5分33秒)


マレーは3月、ATPマスターズ1000マイアミ・オープンにワイルドカード(主催者推薦)で出場予定だったが、直前に「手術をした側ではない脚の付け根あたりに痛みを感じた」として棄権。
以来、ツアー復帰は果たせてなかったが、全仏オープンに出場することを目標に、来週開催のATP250ジュネーブ・オープンかATP250リヨン・オープンにワイルドカードで出場を希望。それに向けて大会には出られないものの、トップ選手と練習ができるということから、今回、会場に来たのだという。事前のマレーのコメントによると、9日にディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン/同10位)、ジョコビッチと練習をすると語っていたが、本日10日もジョコビッチと練習を行ったようだ。

その練習の模様は、テニスTVのYouTubeでも公開されている。ポイント練習の様子を見ると、マレーの調子もかなり良さそう。何より現世界一のジョコビッチと元世界一のマレーによる打ち合いは迫力満点。必見である。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録