close

2021.05.18

メーカーズボイス

錦織圭とフェデラーの全仏OP着用ウェアが発表。「快適に進化した着心地と季節感のあるデザインが魅力」と錦織

錦織圭とフェデラーの全仏OP着用モデルが発表

5月18日、ユニクロはグローバルブランドアンバサダーを務めるロジャー・フェデラー(スイス)と錦織圭(日清食品)が、5月30日に開幕する全仏オープンで着用するゲームウェアのレプリカの販売について発表した。新作ウェアのデザインおよび開発は、クリストフ・ルメール率いるユニクロのパリR&Dセンターのデザインチームが担当し、両選手と協議を重ねて作り上げたという。

【画像】錦織圭、R.フェデラーが全仏OP着用モデル(写真8枚)

錦織のウェアは、メランジ調グリーンを基調としたデザインとなっており、ネックラインや袖口のブルーやイエローのラインがアクセントに。また、フェデラーのウェアデザインは、クレーコートをほうふつとさせる鮮やかなレッドを主役に、襟元・袖・裾に配した濃紺のアクセントカラーで力強い印象に仕上げたという。

どちらのモデルもキッズサイズをラインナップしており、フェデラーのアイコンであるRFキャップにはゲームウェアに合わせた限定カラー2色が登場する。

<錦織圭選手のコメント>
「新作のウエアは、より快適に進化した着心地と季節感のあるデザインが魅力です。様々な制限がある中での大会が続きますが、いかなる状況であっても最大限の力を出せるよう、強い気持ちで挑み、ベストを尽くします」 

<ロジャー・フェデラー選手のコメント>
「ユニクロのデザインチームと 1 年以上をかけて開発したウエアを着用し、全仏オープンを戦えることをうれしく思います。赤土のコート、そして美しい春のパリに映える新作をデザインしてくれたチームに感謝すると共に、コート上からファンの皆さんにお会いできる日を楽しみにしています」

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

写真=株式会社ユニクロ