close

2021.06.09

選手情報

ナダル対シュワルツマン、ジョコビッチ、シフォンテクも登場、大会11日目の見どころ[全仏オープン]

全仏オープンで3度目となるナダルと
シュワルツマンの対戦は注目!

6月9日、全仏オープン11日目、センターコート、コート・フィリップ・シャトリエで、男女トップハーフのシングルス準々決勝が行われる。

【画像】全仏オープン11日目の試合予定表をチェック


第1試合は、第24シードのココ・ガウフ(アメリカ/世界ランク25位)とバルボラ・クレチコワ(チェコ/同33位)の戦い。
17歳にして初のグランドスラムベスト8にコマを進めたガウフは、4回戦のオンス・ジャバー戦(チュニジ/同26位)に6-3、6-1で勝利。「多分、今大会のベストマッチだわ」とプレーの調子も上々なようだ。ガウフは、クレチコワについて「素晴らしいクレーシーズンを過ごしているし、タフな相手だわ。それに、とても頭のいい選手。自分のプレーに集中したい」と語っている。
対するクレチコワは、3回戦で第5シードのエリーナ・スビトリーナ(ウクライナ/同6位)を、4回戦で元US女王のスローン・スティーブンス(アメリカ/同59位)を倒している。初対戦となるが、どちらが準決勝にコマを進めるか。

第2試合は、前回女王の第8シード、イガ・シフォンテク(ポーランド/同9位)と第17シードのマリア・サッカリー(ギリシャ/同18位)の戦い。シフォンテクは、前回大会から11試合連続ストレート勝ちし、トップ10で唯一ベスト8に残っている。
対するサッカリーは、4回戦で前回準優勝のソフィア・ケニン(アメリカ/同5位)を倒している。172cmと決して大きくはないが筋骨隆々の体を活かした強烈なショットを放つのが特徴。おもしろい打ち合いが見られることになりそうだ。

第3試合は、第3シードのラファエル・ナダル(スペイン/同3位)対第10シードのディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン/同10位)。過去1勝10敗、全仏オープンでは2018年大会にフルセットで、2020年大会にストレートでそれぞれ敗れているなど、シュワルツマンは相性が悪い。
「ラファ(ナダル)と対戦した時は、最初は試合に勝つこと、チャンスを掴むことを考えながらコートの中に入る。でも、(重要なことは)ラファがネットの反対側にいることを考えないで、他のことを考えることだ」と、大事なのは自分のプレーに集中することだとシュワルツマン。加えて「この大会でラファとプレーをするのはいい機会。常に良い挑戦になるし、自分の良さを知る機会だ」と対戦が楽しみだと語っている。
ナダルは前回大会から1セットも失わずに勝ち抜いてきている。シュワルツマンのチャレンジはどんな結果となるか。

そして、ナイトマッチの第4試合(日本時間10日朝3時)で行われるのは、第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア/同1位)とマッテオ・ベレッティーニ(イタリア/同9位)の対戦。
ジョコビッチにとっては4回戦に続いてのイタリア勢との対戦となる。その試合では、ロレンツォ・ムゼッティ(イタリア/同76位)に2セットダウンとピンチを迎えたが、第3セットから人が変わったようなプレーを見せて逆転勝利(第5セット4-0で相手が棄権)。改めて世界No.1の実力を見せつけた。
両者は2019年のNittoATPファイナルズで対戦していて、ジョコビッチが6-2、6-1で勝利している。ベレッティーニにとっては厳しい戦いとなるはずだが、チャンスを見出すことはできるだろうか。

またジュニア女子ダブルスでは、長谷川愛依(名古屋LTC)が2回戦に挑む。

■全仏オープン第11日目(6/9)注目ゲーム

【コート・フィリップ・シャトリエ】
第1試合[女子シングルス準々決勝(日本時間18時試合開始)]:ココ・ガウフ(アメリカ)[24]×バルボラ・クレイチコワ(チェコ)

第2試合[女子シングルス準々決勝]:イガ・シフォンテク(ポーランド)[8]×マリア・サッカリー(ギリシャ)[17]

第3試合[男子シングルス準々決勝]:ラファエル・ナダル(スペイン)[3]×ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)[10]

第4試合[男子シングルス準々決勝(日本時間10日朝3時)]:ノバク・ジョコビッチ(セルビア)[1]×マッテオ・ベレッティーニ(イタリア)[9]

【14番コート】
第3試合[ジュニア女子ダブルス2回戦]:長谷川愛依(名古屋LTC)/バレンシア・シェイ(アメリカ)×アシュリン・クルーガー/マディソン・シーグ(アメリカ)
※[]はシード順位

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録