close

2021.06.20

選手情報

ラオニッチがふくらはぎのケガでウィンブルドンを欠場すると発表

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

ナダルやゴファンらに続いてラオニッチも欠場

6月17日、ミロシュ・ラオニッチ(カナダ/世界ランク18位)が、ケガの影響により今年のウィンブルドンには出場しないことを自身のインスタグラムで発表した。

【SNS】ラオニッチ、ウィンブルドンを初めて欠場

30歳のラオニッチは、「ここで近況をシェアするのは久しぶりです。今年のウィンブルドンに出場する準備ができないことを信じられないほど悲しく、傷ついていることを伝えたかったのです」と綴り、欠場することを発表した。

2011年の初出場から9年連続で出場していたラオニッチ。これまで初戦で敗れたことはなく、2016年大会では8度の優勝を誇るロジャー・フェデラー(スイス/同8位)をフルセットで下し、グランドスラムで初めての決勝に進出している。

だが、2年ぶりのウィンブルドンを直前に、ふくらはぎをケガしたとし、「直すために努力してきたが、うまくいきませんでした。そのため、ウィンブルドンに間に合いません。一日でも早く復帰できるよう努力していきます」と残念がった。

ラオニッチは「ATPカップ」からシーズンをスタートさせ、全豪オープンで4回戦に進出。その後、ATP500アカプルコやATPマスターズ1000マイアミ大会に出場し、クレーコート・シーズンには出場していなかった。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

注⽬の記事PICK UP