close

2021.07.10

選手情報

ベレッティーニGS初の決勝進出。難敵フルカチュを3-1で下す [ウィンブルドン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

フルカチュに1度もブレークさせずに勝利

7月9日、ウィンブルドン男子シングルス準決勝、第7シードのマッテオ・ベレッティーニ(イタリア/同9位)は第14シードのフベルト・フルカチュ(ポーランド/同18位)と対戦。6-3、6-0、6(3)-7、6-4で勝利し、キャリア初のグランドスラム決勝進出を決めた。


【動画】ベレッティーニ×フルカチュマッチハイライト

【画像】ベレッティーニ×フルカチュの写真はこちら


ベレッティーニは、2019年USオープン以来となる準決勝進出。1回戦でギド・ペラ(アルゼンチン/同59位)に3-1、2回戦でボティク・ヴァン・デ・ザンチュル(オランダ/同139位)、3回戦アルヤズ・ベデネ(スロベニア/同64位)、4回戦イリヤ・イバシュカ(ベラルーシ/同79位)にストレート勝ち、準々決勝では、第16シードのフィリックス・オジェ・アリアシム(カナダ/同19位)を3-1に勝利し、準決勝に勝ち上がってきている。

一方、フルカチュはグランドスラムで初の準決勝進出。1回戦でロレンツォ・ムゼッティ(イタリア/同63位)、2回戦でマルコス・ギロン(アメリカ/同66位)、3回戦でアレクサンダー・ブブリク(カザフスタン/同38位)という難敵に対して、1度もブレークされず、42ゲーム連続キープをして、3試合連続ストレート勝利。4回戦で第2シードのダニール・メドベデフ(ロシア/同2位)に3-2、準々決勝では第6シードのロジャー・フェデラー(スイス/世界ランク8位)にストレート勝利を果たして準決勝に到達している。

試合はフルカチュのサーブからスタート。ラブゲームキープすると、続く第2ゲーム、ベレッティーニもラブゲームでキープに成功。拮抗した試合になるかと思われた。ところが、セット終盤、第7ゲーム、第9ゲームでベレッティーニがブレークに成功。6-3でセットを奪う。これで勢いに乗ったベレッティーニ、第2セットはなんと3つあったフルカチュのサービスゲームをすべてブレーク。6-0と連取する。

メドベデフやフェデラーを倒した試合のようなショットのキレが見られなかったフルカチュだが、観客の声援も受けて第3セット、カムバックを見せる。互いにキープを続けていき、タイブレークに突入すると3本ミニブレークを奪ったフルカチュが7-6(3)で第3セットを奪う。これで試合がおもしろくなるかと思われたが、第4セット第1ゲームでベレッティーニがブレークに成功。この1ブレークを守って6-4で試合を締めた。

ヘビートップスピンをかけたボールでストローク戦でも優位に展開したベレッティーニは、なんと、この試合のウィナーが60本(フルカチュは27本)。サービスエース22本(フルカチュは5本)を奪ったサービスゲームでは、1度もブレークを許さず、77%の確率でポイントを奪い、フルカチュに隙を見せなかった。

「言葉にならないよ。何が起こっているのか、理解するのには数時間必要だと思う。素晴らしいプレーができた。観客、家族、チームと共に楽しんだ。グランドスラムの決勝に進めるなんて、夢にも思ったことがない。それくらい絵空事だからね」とオンコートインタビューで喜びを語ったベレッティーニ。

さらに記者会見では、改めて決勝について「初めてのグランドスラム・ファイナル、とにかくすべてがハッピーだ。今年はATPカップのファイナルから始まり、いいスタートを切れたと思っていた。そのあと、(全豪オープンで)またケガをしてしまった。また何かが起こるんじゃないかと思っていた。でも再び、強くなって戻ってきた。決勝に出られるだけのことができたと思う。決勝は、今日のように、とにかく楽しみたい最初のファイナルを楽しみたい。とにかくハッピーだよ」と抱負を語った。

決勝で対するは世界ランク1位、今年ゴールデンスラムを目論むノバク・ジョコビッチ(セルビア)である。全仏オープンでは準々決勝で対戦し、1-3で敗れている。しかし、今大会、ベレッティーニには、ファーストサーブで82%、セカンドサーブで61%のポイントを奪い、サービスゲーム100ゲーム中95ゲームをキープするなどサービスゲームが絶好調。決勝でもサービスゲームでの優位性をキープできるか、見ものである。

【特集】ウィンブルドン2021の記事はこちら

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録