close

2021.08.05

選手情報

錦織圭、ブブリクの変則的なプレーに惑わされずストレート勝利で3回戦進出! [シティ・オープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

Photo by Getty Images

錦織圭、世界39位ブブリクのプレーに惑わされずストレート勝利

8月4日、「シティ・オープン」(アメリカ・ワシントンD.C./ATP500)シングルス2回戦が行われ、錦織圭(日清食品/世界ランク67位)は、アレクサンダー・ブブリク(カザフスタン/同39位)と対戦。6-2、7-5のストレートで勝利し、3回戦進出を果たした。

【動画】ブブリクのスマッシュが錦織圭にあわや直撃!

2015年大会で優勝し、今回で8度目の出場となった錦織。東京オリンピックから中3日で迎えた初戦では、サム・クエリー(アメリカ/同68位)を6-4、6-3で下し、2回戦に進出している。

この日の試合、錦織は幸先よく第1ゲームでブレークすると、直後のサービスゲームでも正確なストロークを見せ、ラブゲームでキープ。順調な滑り出しを見せる。その後もアンダーサーブやダブルファーストサーブなど変則的なプレーを見せるブブリクに惑わされず、第3ゲームでもブレークに成功し、6-2で第1セットを奪った。

続く第2セット、錦織はブブリクのサーブに食らいつき、ストローク戦に持ち込んでミスを誘って、第1ゲームでブレークに成功したが、直後のゲームで3本のブレークポイントを握られると、最後はブブリクの絶妙なロブでブレークバックを許してしまう。その後、チャンスを握るもあと1本が奪えないモヤモヤした展開となると、3-4の第8ゲームでブブリクにブレークされ、この試合初めてリードされた。それでも、錦織は第9ゲームでセットポイントを握られたが、負けじとブレークバック。これで息を吹き返し、3-5から4ゲームを連取し、ストレート勝利を収めた。

勝利した錦織は、3回戦で第7シードのキャメロン・ノリー(イギリス/同29位)と対戦。準々決勝では、第1シードのラファエル・ナダル(スペイン/同3位)と対戦する可能性もある。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP