close

2021.08.05

選手情報

<一問一答>錦織圭、トリッキーなプレー見せるブブリクにストレート勝利で大会6度目のベスト16入り「タイトになればなるほど嫌な感じだった」 [シティ・オープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

Photo by Getty Images

錦織圭、「スピードこそないがしぶとい」と3回戦の相手、今季好調のノリーを警戒

8月4日、「シティ・オープン」(アメリカ・ワシントンD.C./ATP500)大会3日目、錦織圭(日清食品/世界ランク67位)は2回戦で、第9シードのアレクサンダー・ブブリク(カザフスタン/同39位)と対戦。6-2、7-5のストレートで下し、同大会6度目のベスト16入りを果たした。 

【画像】錦織圭、準々決勝でナダルと対戦の可能性「シティ・オープン」シングルスドロー(組み合わせ)

今大会、錦織は初戦でサム・クエリー(アメリカ/同68位)に6-4、6-3のストレートで勝利。東京オリンピックからわずか4日での試合に「まだ疲れはある」としたものの、「日本で久しぶりに良い感覚を手に入れた。この良い感覚をなくさないようにしたい」と語っていた。

第1セット、錦織はショットの不安定なブブリクを攻めたて、一気にリードを広げると、6-2であっさりとセットを先取する。しかし、第2セットでは、粗削りながらも力強いボール放つブブリクのプレーに手こずり、3-5とサービング・フォー・ザ・セットを握られてしまう。だが、錦織も相手のミスを見逃さずブレークバックし4ゲームを連取。ストレート勝利で大会6度目のベスト16入りを果たした。

試合後、「タイトなゲームになった時に彼のトリッキーなところのいやらしさが出てくる」とブブリクの変則的なプレーに苦労したと振り返った錦織。それでも、「2セットで終われたので良かった」と語った。

次戦は、今シーズン好調の第7シード、キャメロン・ノリー(イギリス/同29位)と対戦。2019年ウィンブルドン2回戦ではストレートで勝利している錦織だが、「最近強いですね」と警戒し、「スピードこそないですけど、しぶとい選手なので自分から崩しに行かないと」と先に展開していくことが重要だとした。

以下、会見での錦織の一問一答である。

Q.アンダーサーブやダブルファーストサーブ、ポイント間も短かったりとトリッキーな相手でした。どのように試合を作っていこうと思っていましたか?

「苦労しましたね。1セット目はかなりいい形でいろんなものが噛み合って簡単に取れましたけど、やっぱりタイトなゲームになった時に、彼のトリッキーなところのいやらしさがより出てくる。ボールを強打されたり、サーブが入ってきたりというのが、タイトになればなるほど嫌な感じなので、そこは苦労しましたけど、2セットで終われたのでそれは良かったかなと思います」

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP