close

2021.08.06

選手情報

<一問一答>錦織圭、2戦連続シード撃破で今シーズン4度目のベスト8入り「30位以内には年終わりに入っていたい」 [シティ・オープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

錦織圭、3月に敗れた世界50位のハリスと対戦「厄介なプレーヤー」

8月5日、「シティ・オープン」(アメリカ・ワシントンD.C./ATP500)大会4日目、錦織圭(日清食品/世界ランク67位)は3回戦で、第7シードのキャメロン・ノリー(イギリス/同29位)と対戦。3-6、6-3、6-3の逆転で下し、今シーズン4度目のベスト8入りを果たした。 

【画像】錦織圭、世界50位のハリスと対戦「シティ・オープン」8月6日試合予定&シングルスドロー(組み合わせ)

今大会、初戦のサム・クエリー(アメリカ/同68位)、2回戦の第9シードのアレクサンダー・ブブリク(カザフスタン/同39位)といずれもストレート下して勝ち上がった錦織。3回戦ではスピードこそないがしぶとい選手」と語っていたノリーとの対戦となった。

第1セット、錦織はノリーの低く滑ってくるフラット系のバックハンドに苦戦。先にリードをしたものの、そこから2度のブレークを許し、セットを奪われてしまう。しかし、集中力を高く維持した錦織は第2セットでワンチャンスをものにし勢いに乗ると、ファイナルセットでは4度のブレークに成功。逆転でベスト8入りを決めた。

「バックハンドが思ったよりも堅かった。低いフラットのボールをなかなか攻めれなかった」とノリーのプレーに苦戦したと振り返った錦織だが、試合後半では「バックを避けるようなプレーに変えていけた」と攻撃パターンを変えたことが勝因だったとした。

次戦は、第1シードのラファエル・ナダル(スペイン/同3位)をフルセットの末に破った第14シードのロイド・ハリス(南アフリカ/同50位)。今年3月のATP500ドバイ大会準々決勝で対戦し敗れている錦織は、ハリスについてサーブ、ストロークと隙がなく“厄介なプレーヤー”とコメントした。準々決勝は、6日のスタジアムコート第4試合(日本時間7日8時以降試合開始)に組まれた。今シーズン初のベスト4入りとなるか注目だ。

以下、会見での錦織の一問一答である。

Q.オリンピックからスケジュールが厳しくなり、今大会をスキップする思いはありましたか?

「ベスト4入ったらスキップしようと思っていました。でも負けちゃったんで。体的にはやめたい気持ちはありました。時差もあるし、それでダメージはあるので、きついことはわかっていましたけど、ランキング的にもというところはあります。これがトップ10だったら別ですけど、今はそういうわけにもいかないので出ようかなという感じでしたね」

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP