close

2021.08.05

選手情報

錦織圭と世界29位ノリーの3回戦は5日第2試合に組まれる。6日3時に第1試合開始[シティ・オープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

Photo by Getty Images

錦織圭、今シーズン好調の世界29位のノリーと対戦

8月4日、「シティ・オープン」(アメリカ・ワシントンD.C./ATP500)は、大会4日目となる5日の試合予定を発表。錦織圭(日清食品/世界ランク67位)と第7シードのキャメロン・ノリー(イギリス/同29位)との試合はジョン・ハリス・コート第2試合(日本時間6日3時に第1試合開始)に組まれた。

【画像】錦織圭が第2試合に登場!「シティ・オープン」大会4日目の試合予定

今大会、初戦でサム・クエリー(アメリカ/同68位)を6-4、6-3のストレートで下した錦織は、2回戦で第9シード、アレクサンダー・ブブリク(カザフスタン/同39位)と対戦。6-2、7-5とストレート勝利を収めたものの、試合後には、「トリッキーなところのいやらしさがあった」と戦いにくかったとコメントした。それでも大会6度目となるベスト16入り。

3回戦では、2019年ウィンブルドン2回戦で勝利している第7シードのノリーと対戦する。ストローカーでしつこく返球してくるプレースタイルで、錦織も「バックハンドは変わっていて、かなりフラットで打ってくる。スピードこそないですけど、しぶとい選手なので自分から崩しにいかないと崩れてくれない」と分析。じっくりストロークで崩すこと、そしてチャンスを見計らったネットプレーで攻めていく必要がありそうだ。

錦織とノリーの試合は、ジョン・ハリス・コート第2試合(日本時間6日3時に第1試合開始)に組まれている。

また、グランドスタンド・コート第3試合(日本時間6日3時に第1試合開始)には、ダブルスの第4シードのマクラクラン勉(イカイ)/レイベン・クラーセン(南アフリカ)が、グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)/トミー・ポール(アメリカ)と対戦する。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

タグ

注⽬の記事PICK UP