close

2021.08.26

選手情報

元全豪女王ケニンが新型コロナウイルス陽性で大会欠場[USオープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

ワクチン接種を受けていたため軽症だというケニン

8月26日、世界ランク5位のソフィア・ケニン(アメリカ)はSNSを更新。新型コロナウイルスに感染したため、来週開幕するUSオープンを欠場することを明らかにした。

【SNS】「コロナ感染」を告白したケニンのメッセージ


ケニンはSNSで「皆さん、残念なニュースです。新型コロナウイルスの検査で陽性となりました。幸い、すでにワクチンを接種していたこともあって、症状は軽いです。しかし、検査での陽性が続いていることもあり、来週のUSオープンを欠場しなければなりません。数週間、健康に留意し、この秋にプレーできるようにしたいと思います。応援ありがとうございます。すべての選手のニューヨークでの幸運を祈っています」と綴っている。

昨シーズンは、全豪オープンでグランドスラム初優勝を果たし、全仏オープンでも準優勝。大活躍したが、今季、全仏オープンでこそベスト16となったが、全豪、ウィンブルドンで2回戦敗退と低調となっているケニン。シーズン最後のUSオープンは、不運にも欠場となることになった。

それでもワクチンを受けていたことによって、軽い症状となっているということは不幸中の幸い。本人の言葉どおり、今秋に元気な姿を見せてくれることを願いたい。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP