close

2021.09.16

選手情報

杉田祐一が休養宣言、「試合にも自分にも上手く向き合うことが出来ない」

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

USオープンでは本戦1回戦で敗れていた杉田

9月15日、杉田祐一(三菱電機/世界ランク131位)は自身のTwitterを更新。「一度ゆっくりと考え直して再始動できる体制を整えたい」と綴り、休養を宣言した。

【SNS】杉田祐一のツイートはこちら
【動画】杉田祐一USオープン1回戦ハイライト

Twitterで杉田は「ご報告です。ツアーから一度離脱することになりました。試合にも自分にも上手く向き合うことが出来ない状況に陥ってしまいました。一度ゆっくりと考え直して再始動できる体制を整えたいと思います。またツアーに戻った際は、変わらぬご声援のほどよろしくお願い致します」と綴っている。


昨年12月、自身のオフィシャルサイトで「この度、私杉田祐一はセルビアに拠点を移し残りのテニス選手生活を送りたいと思っています」と表明。セルビア・ベオグラードにある元世界ランキング8位のヤンコ・ティプサレビッチ氏が設立したテニスアカデミーに練習拠点を移して迎えた今シーズンだったが、なかなか結果は伴わず。先日行われたUSオープンでは、ラッキールーザーで出場も、第8シードのキャスパー・ルード(ノルウェー/同11位)に敗戦。「勝負になっていなかった。持ち味を出せなかったし、気持ちで立ち向かえていなかった」と語っていた。

2017年には、ATP250アンタルヤ大会でツアー初優勝(日本人で史上3人目)を果たして、自己最高の世界ランク36位も経験している杉田。そのポテンシャルは十分あるだけに、心身ともにリフレッシュさせて、また元気な姿を見せてほしい。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

Photo by Takeo Tanuma

タグ

注⽬の記事PICK UP