close

2021.10.06

選手情報

錦織圭、1回戦は予選勝者と対戦。7日開幕のBNPパリバ・オープン男子シングルスの組み合わせが発表

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

Photo by Getty Images

錦織圭、1ヵ月ぶりの実戦の初戦は予選勝者。西岡良仁、ダニエル太郎も本戦出場

10月5日、「BNPパリバ・オープン」(アメリカ・インディアンウェルズ/ATPマスターズ1000)は、7日に開幕する男子シングルスの組み合わせを発表。日本人選手男子3選手が名を連ね、錦織圭(日清食品/世界ランク53位)は、初戦で予選勝者との対戦が決定した。

【画像】「BNPパリバ・オープン」男子シングルスドロー(組み合わせ)

例年3月に行われている今大会だが、新型コロナウイルスの影響により10月に開催時期が変更。2年ぶりの開催となった。

2年ぶり11 度目の本戦出場となる錦織は、1回戦で予選勝者と対戦。以降、シード勢が順当に勝ち進んだ場合は、2回戦で第18シードのダニエル・エバンズ(イギリス/同22位)、3回戦で第11シードのディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン/同15位)、4回戦で第6シードのキャスパー・ルード(ノルウェー/同10位)、準々決勝で第4シードのアンドレイ・ルブレフ(ロシア/同5位)、準決勝で第1シードのダニール・メドベデフ(ロシア/同2位)の対戦が見込まれる。

2016、17年に同大会でベスト8入りを果たしている錦織は、USオープン3回戦で世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)に敗れた後、ATP250 サンディエゴ大会に出場を予定していたものの、直前で腰の怪我により棄権。今大会が約1ヵ月ぶりの実戦となる。

そのほか日本人男子では、西岡良仁(ミキハウス/同75位)はフェデリコ・デルボニス(アルゼンチン/同44位)と、ダニエル太郎(エイブル/同123位)はフィリップ・コールシュレイバー(ドイツ/同107位)との対戦が決まった。

<日本人男子1回戦組み合わせ>
錦織圭 vs. 予選勝者
西岡良仁 vs. フェデリコ・デルボニス(アルゼンチン)
ダニエル太郎 vs. フィリップ・コールシュレイバー(ドイツ)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP