close

2021.10.07

選手情報

土居美咲、アメリカの新鋭リーにフルセット勝利し2回戦へ[BNPパリバ・オープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

第3セット我慢の末に競り勝った土居

現地10月6日、「BNPパリバ・オープン」(アメリカ・インディアンウェルズ/WTA1000)女子シングルス1回戦、土居美咲(ミキハウス/世界ランク109位)はアン・リー(アメリカ/同69位)と対戦。6-2、5-7、7-5で勝利し、2回戦進出を果たした。

【SNS】ザハルカコーチも「Nice W(いい勝利)」とツイート

【SNS】土居美咲が「勝ちましたー!!」とツイートで報告


対戦成績は1勝0敗。昨年11月、ITF10万ドルチャールストン大会の準々決勝で勝利している土居は、第1セット、50%のポイントを獲得するなどリターンゲームが好調。第1ゲームでブレークチャンスを掴むと、いきなりブレークに成功する。さらに第5ゲームでもブレークを奪う。サービスゲームではブレークチャンスを与えず、6-2でセットを先取する。続く第2セットは互いにキープが続く展開に。すると、5-6で迎えたサービスゲームでブレークを許してセットオールに。

勝負の第3セット、1ブレークずつを奪うとその後は拮抗した我慢の展開に。その中で、先にブレークチャンスを握ったのは土居だった。5オールで迎えた第11ゲーム、土居は3度目のブレークポイントでブレークに成功。直後のサービスゲームでピンチもあったが、見事セーブして7-5。地元選手を下して2回戦に駒を進めた。

2回戦では、第32シードのソラナ・シルステア(ルーマニア/同40位)と対戦することがすでに決まっている(過去0勝3敗)。

USオープンでは、2016年ウィンブルドン以来となるグランドスラム初戦突破を果たした土居は、前週WTA500シカゴ大会でも初戦突破を果たしている。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

タグ

注⽬の記事PICK UP