close

2021.10.06

選手情報

青山修子/柴原瑛菜ペアは第3シードに。女子ダブルス組み合わせが決定[BNPパリバ・オープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

二宮真琴、日比野菜緒の両ペアにも注目

現地10月5日、「BNPパリバ・オープン」(10月6日〜17日/アメリカ・インディアンウェルズ/WTA1000)は、女子ダブルスのドローを発表。第3シードの青山修子(近藤乳業/ダブルス世界ランク8位)/柴原瑛菜(橋本総業HD/同8位)は、1回戦でサニア・ミルザ(インド/同61位)/ジャン・シューアイ(中国/同10位)と対戦する。

【ドロー】「BNPパリバ・オープン」女子ダブルス組み合わせをチェック


9月20日、2008年の杉山愛さん以来*となるツアー最終戦「資生堂WTAファイナルズ」(メキシコ・グアダラハラ)出場を決めた青山/柴原ペア。初戦の相手となるジャンとは、USオープン(ジャンのペアは、S.ストーサー/オーストラリア)で敗戦。ミルザは元ダブルス世界No.1選手とあって、タフな1回戦となりそうだ。

そして二宮真琴(エディオン/同49位)/サブリナ・サンタマリア(アメリカ/同60位)は、キルステン・フリプケンス(ベルギー/同75位)/サラ・ソリベス・トルモ(スペイン/同68位)と対戦。日比野菜緒(ブラス/同79位)/アリシア・ロソルスカ(ポーランド/同110位)は、マリー・ボウズコワ(チェコ/同93位)/ルーシー・ラデッカ(チェコ/同31位)と対戦する。もし勝ち抜けば、二宮ペア、日比野ペアは3回戦で対戦することになる。

*=日本人ペアとしては、2002年の杉山愛さん/藤原里華さん以来19年ぶり

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

Photo by Takeo Tanuma

注⽬の記事PICK UP