close

2020.03.04

選手情報

西岡良仁がデビスカップ欠場を決断。 コロナウイルスの影響を考慮

3月6日~7日に開催される男子国別対抗戦『2020デビスカップby Rakuten』ファイナルズ予選の「日本対エクアドル」(ブルボンビーンズドーム)。日本の2番手としてメンバー入りしていた西岡良仁選手が、新型コロナウイルスの影響で、アメリカに入国できなくなることを懸念し、同大会を欠場することを自身のSNSで発表した。

西岡選手は、今回の決断を「コロナウイルスの脅威とともに次の大会があるアメリカに入国できなくなる可能性が出てきたため」と説明。「自分勝手で申し訳ございませんが、是非ご理解して貰えるとありがたいです」と綴り、ファンに謝罪した。

すでにアメリカにいる西岡選手は、『BNPパリバ・オープン』(3月12日~22日/アメリカ・インディアンウェルズ/ATP1000)に出場予定。その後、『マイアミ・オープン』(3月25日~4月5日/アメリカ・マイアミ/ATP1000)の出場も控えている。

現在世界ランキング48位でオリンピック出場に向けて、少しでもポイントを積み重ねたい西岡選手にとって、今回の欠場は苦渋の決断だったに違いない。

西岡選手のためにも、日本代表の勝利を祈念したい。

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

関連する記事RELATED