close

2021.10.18

選手情報

大坂なおみは世界ランク10位に。青山修子/柴原瑛菜がキャリアハイを更新。10/18付WTAランキングが発表

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

大坂なおみはトップ10に浮上。青山修子/柴原瑛菜はベスト4入りで自己最高ランクを更新

10月18日、WTAは世界ランキングを更新。大坂なおみ(日清食品)は、ランキングを2つ上がった10位にランクインし、再びトップ10入りした。

【画像】WTAランキングTOP20+その他の日本人をチェック(300位以内)

【画像】WTAツアー最終戦ランキング

USオープン以来、大会出場のない大坂だが、イガ・シフォンテク(ポーランド)やソフィア・ケニン(アメリカ)がランキングを落としたことで、10位に浮上している。

10月6日から開催の「BNPパリバ・オープン」(アメリカ・インディアンウェルズ/WTA1000)で、今シーズン2勝目を挙げたパウラ・バドサ(スペイン)がキャリアハイとなる13位に上昇。また、ベスト4入りを果たしたオンス・ジャバー(チュニジア)が、自己最高の8位に。アラブ人として初めてトップ10入りしている。

なお、同大会の女子ダブルスで青山修子(近藤乳業)/柴原瑛菜(橋本総業HD)が、ベスト4入りし、青山が6位に、柴原が7位を記録し、キャリアハイを更新している。同ペアは、すでに11月10日から開催されるツアー最終戦「WTAファイナルズ」の出場権を獲得。青山は「ファイナルズに出場できることはうれしい。1年間でトップ8人、8組しか出られない大会なので、いい準備をしていいプレーをできたらなと楽しみ」、柴原も「1年でいい結果が出ていた。初めてWTAファイナルズに出るので楽しみ」と語った。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

注⽬の記事PICK UP