close

2021.10.26

大会情報

車いすテニス、ジュニア、プロらがテニスでつながるイベントが開催

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

松井俊英、荒井大輔、美濃越舞が
発起人として立ち上げる

車いすテニス、ジュニア、プロがテニスでつながりダイバーシティ(多様性)への理解を深めるためのイベント「Wheelchair Junior Professional Challenge Tennis by BNP パリバ(WJP)」の第2回大会が、10月23日(土)に千葉県・吉田記念テニス研修センター(TTC)にて開催された。松井俊英(ASIA PARTNERSHIP FUND)、車いすテニスの荒井大輔(BNPパリバ)、美濃越舞さんが発起人となって立ち上げた同大会では、ジュニアとプロ、車いすテニスと健常者の対戦や、車いすテニスと健常者がペアを組む「ニューミックスダブルス」が行われるなど、まさにテニスを通して多様性を表す内容のものとなっている。

【画像】たくさんの笑顔が見られたイベントの様子はこちら。美濃越の車いすテニス姿も!

試合は、松井率いるTeam Lokomaikaiと荒井率いるTeam Diverseの2チームが、25分マッチを7試合行って総ゲーム数で勝敗を決める。終始Team Diverseがリードし、13ゲーム差の35-22で勝利を収めた。また、エキジビションマッチには7月に引退し、この大会の実行委員長を務めた美濃越さんと、車いすテニス日本代表チームの中澤吉裕監督が、車いすに乗り、それぞれ宇佐美慧、眞田卓とペアを組んで試合を行った。美濃越プロは「TTCでいつも車いすテニスを見ていて、イメージはできていたのですが、実際やってみると本当に難しかった」とコメントしていた。

シングルス、中学生女子とのミックス、車いすジュニアとのニューミックスと3試合に出場した松井プロは「勝負事なので、チームが負けたのは本当に悔しい」とプロらしさを見せつつ、「チーム全員、緊張したと言っていました。プレッシャーも含め、いい環境で試合をさせていただいたことを選手全員が感謝しています。僕は、テニスはまだマイナーなスポーツだと思っていますので、たくさんの方の力でこの大会を広めていってほしいです」と協力を仰いだ。

同イベントは、テニスの普及とサスティナビリティがマッチしたもので、今後いろいろな発展を見せながら、テニス界に根づいていく可能性を秘めている。なお、試合の模様は「GAORA SPORTS」のYouTubeチャンネルにて見ることができる。

【参加者らのコメント】
松井俊英プロ
「昨年、第1回目を発起人としてやらせていただいたのですが、当時コロナ禍にあり、試合の機会が失われている選手が多くいました。でもそれはプロだけでなく、車いすテニスの選手も、ジュニアも同じで、だったら一緒にやろうということで、千葉という縛りを設けての開催となりました。今年はダイバーシティということをテーマにさらにいろいろな試合を組ませていただきました。新しい試みとしては、車いすジュニアの小田凱人選手(岐阜インターナショナルテニスクラブ)と、健常ジュニアの佐川永遠選手(あじさい)の戦いです。生配信され、たくさんの大人たちがいる中、佐川選手は真剣にプレーしてくれ、それに小田選手も食らいつき、ゲーム数は離れましたが、いい戦いだったと思います。今後、自分としては一般の草トーナメントに出ているプレーヤーなども入れたりしたらおもしろいかなと思うので、さらに第3回、4回と続けていけたらうれしいです」

荒井大輔プロ
「去年に引き続き実行委員として携わらせていただきましたが、こういうイベントができたことをうれしく思います。チームとしても勝利を目指して戦い、ほぼ完全勝利できました。このWJPは、テニスという一つのスポーツの中にいろいろな種目があり、みんなで一緒に競い合うのが特徴と言えます。来年以降も続けていきたいと思っているので、たくさんの方に広めていただき、新しいイベントとして確立したいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします」

美濃越 舞さん
「実行委員長として携わらせていただきました。自分自身は7月に引退をしており、今までイベントには、全部準備していただいて、そこに参加するだけでした。今回は企画から準備などをやらせていただき、遠くから参加してくださる選手やスポンサーの方、メディアの方と、本当にたくさんのご協力があってイベントができているということ、またその大変さを感じることができ、あらためて感謝しています。テニスは野球やサッカーに比べるとイベントなどもまだまだといった部分が多くありますので、またこういった形でテニス界が盛り上がることに携わらせていただけたらと思っています。ありがとうございました」

中澤吉裕車いすテニスナショナルチーム監督
「心から楽しく、素晴らしい時間を過ごさせていただきました。荒井選手にこのイベントがどんなものか聞いていて興味を持ち、自分もできることがあればと思っていたので、参加できてうれしかったです。今回感じたのは、このTTCさんという場所は、車いす選手と健常選手が、同じようにプレーができる空気をすでに持っている場所なんだということをつくづく感じました。
今日も健常選手たちが、車いすのプレーヤーに対してきちんと気持ちを込めたプレーをしてくださいました。こういうプレーをしてもらうことで、気持ちがつながる。よくダイバーシティ、共生のためにどういうイベントをしたらいいのか、と聞かれるのですが、まさにこのイベントが表していると思います。これがきっかけとなり、大きな一歩になる。私もフィードバックし、テニスを一緒に盛り上げていければと思います」

Team Lokomaika
☆松井俊英
齋田悟司(シグマクシス)
眞田 卓(凸版印刷)
中新ゆずりは(TTC /高校1年) 
小田凱人
川合雄大(高崎テニスクラブ)
金子紗英(TTC/中学2年)
佐々野優香(TTC/中学3年)
中澤吉裕(JWTA/ナショナルチーム監督) 

Team Diverse
☆荒井大輔
美濃越 舞
宇佐美 慧(LINE)
大前綾希子(島津製作所)
岡村一成(橋本総業ホールディングス)
吉村大生(イカイ)
戸邉悠真(TTC/中学2年)
齊藤心海(あじさい/中学2年)
佐川永遠(あじさい/中学2年)
※☆はキャプテン

【試合結果】
Team Lokomaikai vs Team Diverse
第1試合S:松井俊英3-4吉村大生
第2試合S:川合雄大2-4荒井大輔
第3試合D:斎田悟司・佐々野優香2-5荒井大輔・齊藤心海
第4試合D:松井俊英・金子紗英3-4大前綾希子・ 戸邉悠真
第5試合S:小田凱人2-8佐川永遠
第6試合S:中新ゆずりは3-4大前綾希子
第7試合エキジビD:眞田卓・ 中澤吉裕3-1美濃越舞・宇佐美慧
第8試合D:松井俊英・小田凱人4-5荒井大輔・岡村一成
総取得ゲーム数22対35 ※Team Diverseの勝利
※エキジビションマッチは含まず



【大会要項】
「第2回 Wheelchair Junior Professional Challenge Tennisby BNP パリバ
~プロテニスプレーヤーが本気を伝える!~」
主催:公益財団法人 吉田記念テニス研修センター(TTC)
共催:WJP 実行委員会
後援:千葉県柏市・我孫子市・流山市、柏商工会議所、柏市観光協会
特別協賛:BNP パリバ
協賛:株式会社エグチ 株式会社星広告 ヨネックス株式会社
日程:2021年10月23日(土)11:00〜15:30
会場:公益財団法人 吉田記念テニス研修センター(TTC)インドアコート
競技方法:2チームによる団体戦 8試合(1試合25分のタイムマッチ)
※1…試合はニューミックスのエキジビションマッチ(15分)
コートサーフェス:ハードコート(デコターフII)
使用球:ヨネックス

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP