close

2021.10.25

選手情報

錦織圭は1つ順位を上げて48位、西岡良仁は81位にランクダウン。10/25付ATPランキングが発表

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

シナー優勝でツアー最終戦レースがより激しい争いに

10月25日、ATPは世界ランキングを更新。錦織圭(日清食品)は1つ順位を上げて48位、西岡良仁(ミキハウス)は4つ順位を下げて82位となった。

【画像】ATPランキングTOP20+その他の日本人をチェック(300位以内)

【画像】ATPツアー最終戦ランキング


アメリカ・インディアンウェルズで開催されたATPマスターズ1000「BNPパリバ・オープン」では2回戦敗退となった錦織。次戦は今週開催の「エルステバンク・オープン」(オーストリア・ウィーン/ATP500)の予定だったが、10月21日にTwitterで同大会を欠場を発表。11月1日にスタートする「ロレックス・パリ・マスターズ」(フランス・パリ/ATPマスターズ1000)が次戦になると明かしている。

西岡は前週、「VTBクレムリン・カップ」(ロシア・モスクワ/ATP250)に初出場。本戦ドロー入りを果たしたが、1回戦でマッケンジー・マクドナルド(アメリカ/同55位)に敗れている。西岡は、そのまま今週開催のサンクトペテルブルク・オープン(ロシア・サンクトペテルブルク/ATP250)の予選に挑んでいる(本日予選決勝に挑む)。

西岡が出場した「VTBクレムリン・カップ」は、決勝でアスラン・カラツェフ(ロシア)がマリン・チリッチ(クロアチア)を下して地元でキャリア2度目の優勝を達成。ランキングを3つ上げて19位にアップさせている。
また、「ヨーロピアン・オープン」(ベルギー・アントワープ/ATP250)は決勝でヤニック・シナー(イタリア)がディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)を下して今季4度目となる優勝。11位とランキングを2つ上げている。

その結果を受けて、アンドレイ・ルブレフ(ロシア/同6位)が2年連続2度目となるNitto ATPファイナルズ出場が決定。暫定8位のラファエル・ナダル(スペイン/同5位)が欠場となるため、現状では9位のフベルト・フルカチュ(ポーランド/同10位)まで圏内に。ただし、そのフルカチュが2,955ポイント、10位シナーが2,845ポイント、11位キャメロン・ノリー(イギリス/同14位)が2,840ポイントと僅差で3選手が争っている状況である。

今シーズンのツアーもあと3週のみ。錦織、西岡をはじめとする日本人選手の戦いはもちろん、ツアー最終戦争いも注目が集まりそうだ。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

Photo by Takeo Tanuma

注⽬の記事PICK UP