close

2021.10.30

選手情報

アルカラスが2度目のトップ10撃破! 世界7位ベレッティーニをフルセットで破る[エルステバンク・オープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

アルカラス、接戦でベレッティーニに勝利「ベストパフォーマンスの一つ」

10月29日、「エルステバンク・オープン」(オーストリア・ウィーン/ATP500)シングルス準々決勝が行われ、スペイン期待の18歳、カルロス・アルカラス(世界ランク42位)が、第3シードのマッテオ・ベレッティーニ(イタリア/同7位)を6-1、6(2)-7、7-6(5)の接戦で下し、ベスト4入りを果たした。

【動画】アルカラス、ベレッティーニともにファイナルセットでベストショットを繰り出す&マッチハイライト

試合は、開始早々にストロークで主導権を握ったアルカラスが、一気に5ゲームを連取しペースを握って6-1で第1セットを奪う。だが、第2セットではベレッティーニの粘りもあって、4度のブレークチャンスをアルカラスはものにできず。そのままタイブレークに突入すると、2度のミニブレークを許して、試合はファイナルセットにもつれた。

勝負のファイナルセット、先にブレークしたのはアルカラスだった。第4ゲーム、ベレッティーニのファーストサーブを確実に返球すると、深いストロークで相手をベースラインにくぎ付けにし、ミスを誘う。このセット最初のブレークポイントでは、左右に振られながらも食らいつき、甘くなったボールを見逃さずウィナーを決めた。

リードを奪ったアルカラスだったが、第7ゲームでストロークのミスが続いて0-40とピンチを迎えると、最初のブレークポイントでダブルフォールト。自らのミスで試合を振り出しに戻してしまった。それでも、第2セットと同様にタイブレークに突入すると、ベレッティーニの最初のサーブポイントでミニブレーク。このリードを守り切り、フルセットで勝利を挙げた。

試合後、アルカラスは「ツアーでのベストパフォーマンスの一つだよ。本当にうれしいし、素晴らしかった。僕はただアグレッシブにプレーすることを心掛けていたし、タフな場面でもそれができたのは大きかった」と語った。

これでUSオープン3回戦でステファノス・チチパス(ギリシャ/同3位)を破って以来、トップ10から2度目の勝利。この勢いで準決勝で対戦する第2シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ/同4位)からも勝利を挙げられるだろうか。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP