close

2021.10.31

選手情報

全日本テニス選手権がスタート! 2014年覇者の江原弘泰らが初戦突破

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

写真提供:日本テニス協会

第96回全日本テニス選手権が開催!

10月30日、「大正製薬リポビタン 全日本テニス選手権96th」(兵庫県三木市・ブルボンビーンズドーム/室内ハードコート)の本戦がスタート。男女シングルス1回戦各10試合が行われた。

【画像】「大正製薬リポビタン 全日本テニス選手権96th」10月31日の試合予定

男子シングルスでは、2014年大会優勝者の江原弘泰(エキスパートパワーシズオカ)が、正林知大(Team REC)に6-4、6-3で勝利。大学生の羽澤慎治(慶應義塾大学)や松田龍樹(近畿大学)、田口涼太郎(近畿大学)らも勝ち上がった。

また、女子シングルスでは今シーズン限りで引退を表明している井上雅(テニスラウンジ)が、小林ほの香(フリー)を6-4、7-6(4)で下して2回戦に進出。また、今年のインカレ(全日本学生テニス選手権)チャンピオンの平田歩(慶應義塾大学)や2019年ユニバーシアード金メダリストの佐藤南帆(慶應義塾大学)、昨年のインカレで単複2冠を果たしている阿部宏美(筑波大学)も2回戦進出を決めた。

今大会は、シングルスは48ドローとなっており、上位16シードは2回戦から登場。ダブルスは16ドローとなっている。

大会2日目となる10月31日は、残りの男女シングルス1回戦に加え、男女ダブルス1回戦もスタート。今大会は無観客で行われているものの、男女シングルス決勝はNHK BS1で中継予定しており、その他のラウンドもYouTubeチャンネル「JTAテニス!オンライン」で4コートをライブ配信している。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP