close

2021.12.07

選手情報

元世界4位のアンドレスクが来年1月の全豪OP欠場「自分を苦しめていた」

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

アンドレスク、祖母の新型コロナ感染で「気持ちが入らない日が多かった」

12月6日、2019年のUSオープン覇者のビアンカ・アンドレスク(カナダ/世界ランク46位)が、来年1月の全豪オープンを欠場を発表。心身ともに充実させてからシーズンを開始させるとした。

【画像】自身のSNSで来年1月の全豪オープン欠場を発表したアンドレスク

2019年に19歳でUSオープンを制したアンドレスクは、同年末のツアー最終戦で左ヒザを負傷。今年の全豪オープンで15ヵ月ぶりに復帰を果たした。その後、マイアミ・オープン(WTA1000)で準優勝と成績を残したアンドレスクだったが、今年4月に新型コロナウイルスの陽性になって以降、調子が上がらず。自己最高で4位だったランキングは46位まで落としている。

アンドレスクは、「この2年間はさまざまな理由で、私にとって非常に厳しいものでした。特に今年は、何週間も隔離された状態で過ごしたため、精神的にも肉体的にも大きな影響を受けた」とコメント。

さらに、「祖母が新型コロナウイルスの感染で数週間、ICU(集中治療室)に入っていたことも私に大きな影響を与えた。トレーニングや試合をしている時には、自分の気持ちが入らない日が多かった。世界を背負っているような気分だったわ」と、メンタル的に苦しいシーズンだったと振り返った。

来シーズンのスタートはまだ決めておらず、「今年はオーストラリアでのシーズンを開始せず、2022年のテニスシーズンに向けて、じっくりと考え、トレーニングをして準備を整えていきたい」と心身を充実させることを優先。

「コートの外で起きているすべてのことから自分を切り離すことができず、周囲の悲しみや混乱を感じ、それが自分を苦しめていた。チャリティー活動を行い、恩返しをして、自分自身を鍛えることで刺激を与え続けたいと思う。そうすることでこれまで以上に強くなって戻ってくることができるでしょう」とした。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP