close

2022.01.23

選手情報

ナダル×マナリノ、バーティ×アニシモワなど注目試合目白押し。1月23日試合予定[全豪オープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

男女ベスト8に勝ち残るのは誰か!?

1月23日、全豪オープン7日目を迎え、ついに大会も中盤に到達。男女シングルスは4回戦が行われ、男子ではラファエル・ナダル(スペイン/世界ランク5位)やアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ/同3位)が、女子ではアシュリー・バーティ(オーストラリア/同1位)らが登場する。

【表】1月23日・全豪オープン大会7日目の試合予定をチェック

センターコートのロッド・レーバー・アリーナ第3試合(日本時間12時以降開始)では、男子第6シードのナダルとアドリアン・マナリノ(フランス/男子同69位)が対戦する。今大会で、単独1位となる21回目の通算GS優勝回数を狙うナダルだが、昨年治療した左足にはまだ痛みがあるという。そのナダルと、相手の球威を利用する技巧化マナリノの戦い。見どころが多い試合になりそうだ。

そして第3試合(日本時間17時以降開始)では、女子第1シードのバーティとアマンダ・アニシモワ(アメリカ/女子同60位)が対戦。大坂なおみ(フリー/世界ランク14位)を倒したアニシモワの強打はバーティにも通用するだろうか。

そのほか、マーガレット・コート・アリーナ第3試合(日本時間13時以降開始)で行われる男子第3シードのズベレフと、第14シードのデニス・シャポバロフ(カナダ/同14位)も見逃せない一戦となりそうだ。

日本人では、ミックスダブルスでコート17第2試合にマクラクラン勉(イカイ)/柴原瑛菜(橋本総業HD)が、第5試合にアイサム・ウルハク・クレシー(パキスタン)/二宮真琴(エディオン)が登場する。

そして本日より車いすテニスの部がスタート。コート8第1試合(日本時間9時開始)で女子第2シードの上地結衣(三井住友銀行/同2位)が、第2試合で男子第1シードの国枝慎吾(ユニクロ/同1位)が登場。さらに第4試合(日本時間15時半以降開始)でクアードクラスの菅野浩二(リクルート/同6位)が登場する。

またジュニアでは、男子シングルスに原﨑朝陽(ノア・テニスアカデミー神戸垂水)、女子シングルスに木下晴結(LYNX Tennis Academy 大阪)、虫賀愛央(名古屋LTC)が登場。原﨑、木下は予選を勝ち上がって本戦入りしている。男子ダブルスでは、ジョーンズ怜音(暁中学校)、原﨑が、女子ダブルスでは虫賀愛央/虫賀心央(名古屋LTC)、齋藤咲良(MAT Tennis Academy)/木下が出場する。



■全豪オープン2022
日程/2022年1月17日(月)〜30日(日)
開催地/オーストラリア・メルボルン:メルボルンパーク
賞金総額/7,500万豪ドル(約62.7億円)
男女シングルス優勝賞金/440万豪ドル(約3.7億円)
サーフェス/ハード
試合球/「ダンロップオーストラリアンオープン」

【特集】全豪オープン2022の記事はこちら

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP