close

2022.01.24

選手情報

大坂なおみ、オーストラリアを出発へ。SNSで感謝のメッセージ「毎日がとても楽しかったです」 [全豪オープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

過去、負けたら一度削除するというSNSでメッセージを綴った大坂

1月24日、大坂なおみ(フリー/世界ランク14位)がSNSを更新。観客への感謝と共に“本当に毎日がとても楽しかったです”と思いを綴った。

【画像】大坂なおみが公開したSNSをチェック

【写真】大坂なおみ全豪オープン写真館(写真14点)をチェック

コート入場時の写真、セルフィーなど写真5点と共に「メルボルン大好きです!とても楽しかったです。私の試合に駆けつけてくれた皆さん、本当に毎日がとても楽しかったです、ありがとうございました。また次回まで」と綴った大坂。

興味深いのは、SNSを更新したという点。過去に敗れた際は、「スマホを見たら、まずインスタグラムとツイッターを削除して、それから2週間くらいは再ダウンロードしないんです」と外からの情報をシャットダウンしていたのだという。
しかし、敗戦後の会見でそのことを打ち明けたあとに、「私にとっては、エキサイティングなことなんです。負けたこと自体ではなく、負けた相手が、テニスの成長を示しているようなものだから。もし私が誰かに負けたら、見出しになる(ニュースになる)かもしれないけれど、スーパースターを増やすことにもなるし、テニス界にとってもいいことだと思うからです。だから、すべてが丸く収まるような気がしています」とも語っていた。

大坂は1月21日の女子シングルス3回戦、アマンダ・アニシモワ(アメリカ/同60位)戦にフルセットで敗れたあと、「1ポイント1ポイントを大切に戦った」「試合中はずっと集中していたし、落ち込むこともなかった」と試合を通じてプレーに集中することができたとし、「この試合で大きく成長できたと思う。ニューヨークでの試合(USオープン)とはまったく違う態度だった」と精神的に一歩踏み出すことができたと語っている。

前回大会優勝の大坂は、今回の敗戦でポイントを失い、80位台にランキングが落ちる予測となっている。これによりストレートインできる大会も減ってしまうはず。それでも、劣勢に立っても最後まで集中して戦い、敗れても取り乱すことがなかった大坂。現状、次の出場予定はわからないとしているものの、2022年シーズンは、逆襲の時間となりそうな予感がする。

【関連記事】大坂なおみ、負けはしたが手応え「この試合で大きく成長できたと思う」



■全豪オープン2022
日程/2022年1月17日(月)〜30日(日)
開催地/オーストラリア・メルボルン:メルボルンパーク
賞金総額/7,500万豪ドル(約62.7億円)
男女シングルス優勝賞金/440万豪ドル(約3.7億円)
サーフェス/ハード
試合球/「ダンロップオーストラリアンオープン」

【特集】全豪オープン2022の記事はこちら

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

Photo by Takeo Tanuma

注⽬の記事PICK UP