close

2022.02.03

選手情報

フェデラー、激しい運動はまだできず。復帰時期は“4月か5月くらいに答えた方がいい”と発言

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

まだ激しい運動はできていないと明かしたフェデラー

現地2月2日、ロジャー・フェデラー(スイス/世界ランク30位)は、スポンサーイベントに参加し、ツアー復帰について“4月か5月くらいに答えた方がいいと思う”と答えた。

【動画】錦織圭vs.フェデラースーパーショット集をチェック

【写真】フェデラー2021シーズン写真館(写真22点)

クレディ・スイスのイベントで、「最新の情報をお伝えすると、これから数ヵ月間、とても興味深く、重要な時期が待っているんだ。テニスに復帰する可能性がある。4月になれば、自分の体がどうなっているのか、もっとよくわかると思うんだ」と語ったフェデラーは、「まだ走ったり、ジャンプやストップ&ゴーのような激しい運動はできていない。できれば2週間後にスタートさせて、体がどんな反応をするか、様子を見たいと思っている。それがテニスコートに戻る前に必要なことなんだ」とまだコートでの練習はできていないと説明。

続けて「だから、この質問については、4月か5月くらいに答えた方がいいと思う。もちろん復帰する意欲はあるし、(医師から激しい運動が)許された時に、自分の仕事をしようというモチベーションは本当に高まっている。今朝もジムでトレーニングをしたし、明日もまたジムに行く。許される中で、ハードにトレーニングしているんだ」と、4月か5月にならないと正しく答えられないと明かした。仮にスムーズに復帰となったとしても、6月末のウィンブルドンまでは、それほど準備期間がない状況となるかもしれない。

1月30日には、全豪オープンで21度目のグランドスラム制覇を果たしたラファエル・ナダル(スペイン/世界ランク5位)に向けて、「グランドスラム21勝を達成した初の選手になったあなたを心から祝福します」「この時代をあなたと分かち合えることを誇りに思う」とインスタグラムのストーリーズにメッセージを投稿。その中で「あなたの素晴らしい仕事ぶり、献身、そして闘志は、私や世界中の数え切れないほどの人々にインスピレーションを与えています」とやる気を掻き立てられていると語っている。

【関連記事】フェデラーが全豪優勝のナダルを祝福、「あなたを心から祝福します」[全豪オープン]

【関連記事】フェデラーが「競技復帰は2022年の半ばになると思う」と告白、引退についても言及

【関連記事】ATPが2013年ツアー最終戦でフェデラー&ナダルが見せた30本の緊迫ラリー動画を公開


無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=田沼武男

注⽬の記事PICK UP