close

2022.03.11

選手情報

ジョコビッチ、今季2戦目は4月のモンテカルロ・マスターズになると発表

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

写真提供:ゲッティ イメージズ

過去2度優勝しているモンテカルロ大会に挑むジョコビッチ

3月11日、世界ランク2位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)はオフィシャルサイトで、今季2戦目がATPマスターズ1000「ロレックス・モンテカルロ・マスターズ」(モナコ・モンテカルロ/4月10日〜17日)になると発表した。ジョコビッチは2013年大会、2015年大会で優勝している。

【動画】ジョコビッチ2021年スーパーショット集をチェック

全豪オープン開幕前日に、ビザ取り消しによる国外退去となったジョコビッチ。2月中旬には、英「BBC」のインタビューに応じ、全仏オープン、ウィンブルドンに出場するにあたり、新型コロナワクチンを受ける必要があるなら、欠場もいとわないと発言。今週開催の「BNPパリバ・オープン」(アメリカ・インディアンウェルズ)、3月23日から開催される「マイアミ・オープン」(アメリカ・マイアミ)、ATPマスターズ1000の両大会は、ワクチン未接種のためにアメリカに渡航することができず、欠場となっている。

開催地のモンテカルロに行くためには、通常フランスを通ることになる。そのフランスは、国内の新型コロナウイルス感染者数の減少に伴って、2月12日からフランスは入国規制を緩和。ワクチン未接種でも、出国前72時間以内に実施したPCR検査または同48時間以内に実施した抗原検査の陰性証明書があれば入国することができる。そして、フランスからモナコへは、到着前48時間以内の陰性証明か、新型コロナウイルス回復証明書があれば入国することができる。

また、フランスの規制緩和が続けば、全仏オープン(フランス・パリ/5月22日〜6月5日)に出場する道も開かれることになる。

【関連記事】ジョコビッチ、コロナワクチン未接種のためインディアンウェルズ、マイアミ大会の欠場を発表

【関連記事】ウクライナ軍入りしたスタコフスキーが家族写真を投稿「子供たちの未来のために…、未来のある世界のために戦っています」

【関連記事】ジョコビッチ、15年間共に戦ったコーチのバイダ氏との関係に終止符を打つ「すべてにおいて感謝してもしきれない」


無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP