close

2022.03.21

デイリートピックス

健常の方々が車いすテニスを体験、“PLAY TENNIS,GOOD LIFE” 第5弾『車いすテニス体験会』を開催

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

写真/公益財団法人吉田記念テニス研修センター

橋本総業ホールディングス株式会社と公益財団法人吉田記念テニス研修センター(TTC)が「テニスを通して『安心安全な地域づくり』『全ての人に健康と福祉』を創出する」というテーマのもと、2021年度に開始した協働事業の第5弾車いすテニス体験会が、3月20日、千葉県柏市にあるTTC(hat done)で開催された。

【写真】『車いすテニス体験会』写真館(写真7点)

障害の有無に関わらず、テニスでつながり多様性についての理解を深め、共生社会の実現に向けた企画となっており、橋本総業HD所属の森崎可南子プロとコーチで元プロテニスプレーヤーの小畑沙織さん、そしてプロ車いすテニス選手でパラリンピアンの齋田悟司プロが指導役に。健常の方々に車いすテニスを体験した。

普段なかなか同時には聞く事の出来ない、健常プロと車いすプロ選手の話を交えながら、車いすテニス車の操作、実際にラケットを手に車いすテニスにも挑戦。参加者の小学4年生の女の子は、「車いすテニス車の操作がとても難しかったが、とても楽しかった。ラケットを持って、ボールを打つのは、とても難しく、あと一歩で届くのに届かないという挑戦が楽しかったです」と感想を語っている。

一方、指導にあたった、齋田プロ、森崎プロからは「健常のプロと車いすプロが垣根を越えて一緒にコーチングをする機会はいままでになく、今後もこのような機会を積極的につくり、共生社会の実現に向けタッグを組んでいきたい」と今後に向けてコメント。
小畑さんからは、『コロナ禍、当社の選手達は年間を通したこの協働事業にて、社会貢献の意識が高まり、アスリートとして恵まれた環境でプレーができていることへの感謝と、日頃からの応援してくださる方々へ素晴らしいプレーで恩返しができるよう頑張ってほしい』と言葉があった。

【関連記事】小田凱人が史上最年少となる15歳10ヵ月で選出、「2022BNPパリバ・ワールド・チーム・カップ」の日本代表が発表に

【関連記事】「ローレウス世界スポーツ賞2022」に東京パラ金の国枝慎吾らテニス界から6名がノミネート

【関連記事】「自分の障害を愛しています」稀代の車いすテニス選手、アルコットが引退。今後は俳優をやって「オスカーを取りたい」[全豪オープン]



無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP