close

2022.03.22

選手情報

錦織圭が51位、西岡良仁が96位。フリッツが自己最高の13位に上昇、ジョコビッチが再び1位に。ATPが3/21付ランキングを発表

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

ATPマスターズ1000優勝のフリッツがキャリアハイ更新

3月21日、ATPはランキングを更新。錦織圭(フリー)は5つ下げた51位、西岡良仁(ミキハウス)が96位、ダニエル太郎(エイブル)は前週と変わらず106位になった。

【画像】ATPランキングTOP20+その他の日本人をチェック(300位以内)

「BNPパリバ・オープン」(アメリカ・インディアンウェルズ/ATPマスターズ1000)では、テイラー・フリッツ(アメリカ)が、開幕から20連勝中だったラファエル・ナダル(スペイン)を6-3、7-6(5)のストレートで破り、ツアー2勝目。ランキングで7つジャンプアップし、13位となりアメリカ勢トップに立った。準優勝のナダルも昨年8月以来となる3位に上昇している。

また、7日付けのランキングで1位に立ったダニール・メドベデフは3回戦で敗退。45ポイントを加算したものの、昨年のATP250マルセイユ大会で優勝した250ポイントが失効し、2位にランクダウン。ノバク・ジョコビッチ(セルビア)が再び1位に返り咲いた。

今週は、クレーコート・シーズン前最後のビッグトーナメントとなる「マイアミ・オープン」(アメリカ・マイアミ/ATPマスターズ1000)が開催。アメリカに渡航できなかったジョコビッチ、連戦で左足に不安のあるナダルらは欠場することとなっている。

※ATP、WTAの決定により、ロシア、ベラルーシの選手は国名が掲示されていない

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP