close

2022.03.20

選手情報

ナダル、17歳年下のアルカラスを3時間12分の接戦で下し開幕20連勝「トップ8の選手と対戦する気持ちで臨んだ」[BNPパリバ・オープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

Photo by Getty Images

ナダル、37度目のATPマスターズ1000大会制覇にあと1勝

現地3月19日、「BNPパリバ・オープン」(アメリカ・インディアンウェルズ/ATPマスターズ1000)シングルス準決勝が行われ、第4シードのラファエル・ナダル(スペイン/世界ランク4位)が、第19シードのカルロス・アルカラス(スペイン/同19位)を6-4、4-6、6-3で下し、37度目のATPマスターズ1000大会優勝へ王手をかけた。

【動画】アルカラスの驚異の粘りもナダルがネット際で素晴らしい反応!&マッチハイライト

両者の対戦成績は、ナダルの1勝0敗。初対戦となった昨年のATPマスターズ1000マドリード大会では、ナダルが当時世界ランク120位だったアルカラスに6-1、6-2と完勝している。

強風が吹き荒れる中行われたこの日の試合。第1セットでは、ナダルが先にリードを許したものの、アルカラスのすべてのサービスゲームでブレークポイントを握り、うち3度のブレークに成功。6-4で先手を奪う。

だが、第2セットでは互いに2度のブレークをして迎えた第9ゲームで、ナダルが7度のデュースの末にブレークを許し、アルカラスがセットを奪い返す。

拮抗した試合となった最終セット、ナダルは第5ゲームで3度のピンチをしのぐと、4-3でワンチャンスを生かしてブレーク。サービング・フォー・ザ・マッチの第9ゲームをラブゲームでキープして、ATPマスターズ1000大会で53度目の決勝に進出を決めた。シーズン開幕から続く連勝も20に伸ばした。

試合後、ナダルは「面白い試合だった。レベル的には今大会で一番いい試合だったと思う。ただ、風が吹くとほとんどプレーできなくなる。その前はとてもいいプレーができたよ。最終セットは厳しい選手に対して、決意を持ってプレーができた。再び決勝に進出できたことは、とてもうれしい」とコメント。

また、17歳年下のアルカラスについては、「彼は素晴らしいチャンピオンになるためのすべての要素を持っていると思う。良い試合だったよ。若い選手と対戦している感じではなかった。トップ8の選手と対戦する気持ちで臨んだ」と述べ、「この1週間、彼のプレーをずっと見てきたがレベルはトップクラス。だからこそ、最大限の敬意を払ってコートに立ち、トップ選手として接し、すべてのポイントでファイトして解決策を見出した」と、一人のトップ選手として立ち向かったとした。

フルセットの戦いは、今大会3試合目。左足に慢性的な痛みを抱えているナダルにとってはタフな戦いとなっているが、「体調は万全だよ。この間も3時間プレーしたし、今日も3時間戦った。フィジカル的なパフォーマンスという点では、あまり疲れを感じないね。僕は汗をよくかくけど、そうすると脱水症状になりやすく、体の調子が悪くなるんだ。でも、この大会ではいつも体調がいい。疲れを理由に負けたことは一度もないんだ」と、まだまだ元気だという。

「決勝に残ったからにはそれを楽しみたい。ここインディアンウェルズで決勝に進出できたことは大きな意味がある。(決勝が行われる)明日に向けて準備したい。今日のような試合は自信につながるよ」とツアー通算92勝、ATPマスターズ1000大会では37度目の制覇に向け、戦っていくと語った。

決勝でナダルは、第20シードのテイラー・フリッツ(アメリカ/同20位)と対戦。フリッツは準決勝で第7シードのアンドレイ・ルブレフ(同7位)を7-5、6-4で下している。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP