close

2022.03.29

ギア情報

もうパワーロスしない! トーナ(TOURNA)のグリップテープ『トーナメガタック(メガウェット)』ならグリップをしっかり握れる!

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

テニスクラシックオンラインストアおすすめ商品のトーナ(TOURNA)のグリップテープ『トーナメガタック(メガウェット)』

スーパーウェットタイプの
グリップテープでしっかり振れる!

テニスで質の高いボールを打つには、ラケットやストリングといったボールが直接触れる部分以外に、自分の手が触れるグリップも重要なポイントとなる。例えば、グリップが滑ってしっかり握れなければ、正確にインパクトできずパワーロスしたり、コントロールミスにつながりやすくなるもの。もしグリップが滑る、しっくりこないといった悩みがあったら、グリップテープを巻く、グリップテープの種類を変えてみることも一つの手だ。

>>テニスクラシックオンラインストア(公式通販ショップ)はこちら

そこでおすすめしたいのが「トーナグリップ(TOURNA GRIP)」。過去にはピート・サンプラス、アンドレ・アガシなどグランドスラマーたちが、現役選手ではリシャール・ガスケ(フランス/世界ランキング81位)やジョン・イズナー(アメリカ/同22位)、カレン・カチャノフ(25位)、カロリーナ・プリシコワ(チェコ/同8位)ら数多くのトップ選手たちがこぞって愛用しているグリップテープだ。

最大の特徴は、そのドライ性能。イズナーが「汗を完璧に吸ってくれる。僕の手にはベストのフィーリングなんだ」と話しているように、トーナグリップは汗でグリップが滑るのを防ぎ、インパクトでしっかりと握って力強いショットを打てるというのだ。

トーナグリップの代表的なモデルと言えばドライタイプだが、派生モデルとして発売されているスーパーウェットタイプの『メガタック(メガウェット)』もおすすめ。手のひらにピタッと吸いつくような感じの手触りで、まだまだ手が乾燥しやすい今の時期に重宝するはずだ。この機会にぜひ一度グリップテープを見直してみてはいかがだろうか。

※ATP、WTAの決定により、ロシア、ベラルーシの選手は国名が掲示されていない

>>テニスクラシックオンラインストア(公式通販ショップ)の最新トーナ(TOURNA)「トーナメガタック(メガウェット)」の販売価格はこちら



【関連記事】グリップテープ「トーナグリップ」(ドライタイプ)使用選手がウィンブルドンで大活躍

【関連記事】【卓越のドライ性能】プロが認めたオーバーグリップテープ「トーナグリップ」はいかが?

【テニスクラシックオンラインストア】すべてメーカー正規品だから安心! テニクラオンラインストア厳選のおすすめギア

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP