close

2022.04.08

選手情報

ベレッティーニが右手完治のため、全仏直前まで欠場と発表「最高レベルのプレーを長く続けるためには正しい決断」

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

回復は順調だが、最高の状態で復帰するため決断

4月7日、世界ランク6位のマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)は、手術した右手を完治させ、最高の状態で復帰するため、モンテカルロ・マスターズ(4月10日〜17日)、マドリード・オープン(5月1日〜8日)、イタリア国際(5月8日〜15日)と3つのATPマスターズ1000大会を欠場すると発表した。

【動画】ベレッティーニのスーパーショットと今回の投稿をチェック

ベレッティーニは、ATPマスターズ1000「BNPパリバ・オープン」(アメリカ・インディアンウェルズ)で3回戦敗退後、続くATPマスターズ1000「マイアミ・オープン」を欠場。3月29日に、SNSで右手を手術したことを発表している。

そして現地7日、ベレッティーニは最新情報としてSNSで「医師たちのアドバイスを受けて、回復にあたり時間的なプレッシャーを設けないことが重要と判断しました。そのため、モンテカルロ、マドリード、ローマ大会には出場せず、最高の状態で復帰するための適切な時間を確保することにしました。特に(地元の)ローマ大会欠場は非常に難しい決断でした。それでも最高のトロフィーを目指して最高レベルのプレーを長く続けるためには正しい決断なのです。たくさんの応援をありがとうございます。右手の回復速度は順調です。早くコート上で皆さんにお会いできることを楽しみにしています」と発表した。

イタリア国際まで欠場となると、全仏オープン(5月22日〜6月5日/フランス・パリ)までは1週間だけ。全仏オープンに出場となるなら、前哨戦なしでとなるのかもしれない。

【関連記事】男子ラケット調査、今年最初のグランドスラムで使用されたラケットは何だ!? [全豪オープン]

【関連記事】ナダル、史上最多21度目のグランドスラム優勝へあと1勝! ベレッティーニ下して3年ぶり6度目の決勝進出[全豪オープン]

【関連記事】ベレッティーニ、3時間49分の激闘制しイタリア人男子として初のベスト4! モンフィス追い上げ実らず[全豪オープン]


無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP