close

2019.04.15

ショップ情報

まだ冬仕様!?ストリング工房EDoガットでガットを『春仕様』にしよう

季節は春本番!暖かな中、テニスを楽しんでいる人も多いはず。しかし、そのガット、本当に大丈夫だろうか?「寒い冬を超えたら、注意が必要なんですよ」と語るのは東京・江戸川区にあるストリング工房EDoガットの高久店長だ。一体何が注意だというのか?

「寒い冬を過ごしたガットは、硬くなり、劣化します。劣化するとボールが飛びにくくなりますし、振動も増えます。最悪の場合、テニスひじなどケガにつながる可能性もあります」。だからこそ『春のガット交換』が大事なのだ。「飛びやすくなる分、テンションを少し上げたいですね。ナイロンなら、柔らかなマルチフィラメントの『Babolat XCEL』、『Wilson NXT』、ポリなら『polyfibre BLACK VENOM』が柔らかくてオススメです」。

ここで大事なお知らせ。高久店長はグリップテープも交換すべきだという。「元グリップも含めて、変えていないと硬くなって衝撃が増えます。それと汗をかきやすくなるので、カビが生えることもありますよ」。グリップテープを巻き換えずプレーしている方にはショッキングな話である。また同店では、好評の「お友達紹介カード」配布も継続中。ガットを春仕様にすべく、ストリング工房EDoガットに行ってみよう!

●ストリング工房EDoガット
所在地:東京都江戸川区江戸川1-1-6
電話番号:03-6638-8258
営業時間:9:30~19:30
定休日:火曜日
URL: http://edogut.com

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録