close

2022.05.31

選手情報

[奥脇莉音のプロ奮闘記(7)]収穫&課題がたくさん見つかった関西オープン。今はタイへ約1年ぶりの海外遠征に来ています!

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

写真はベスト4だった関西オープンで撮影

関西オープンではベスト4。
タイ・チェンライで練習をスタートしました

こんにちは! 奥脇莉音です。
今回のコラムでは、最近出場した試合のこととタイへの海外遠征についてお話したいと思います。

【画像】奥脇プロのタイ遠征の模様はこちらから

5月9日から「第98回関西オープンテニス選手権大会」(開催日:5月9日〜14日、会場:大阪府大阪市・ITC靭テニスセンター)に出場しました。結果はベスト4でしたが、1回戦から自分の課題、やってきたことの成果を発揮することができました。相手がどんな選手なのか、どのボールが相手に効いているのかなどを試合中に自分で考え、それを実行することができました。試合中、今までは自分のテニスについてしか考えられなかったのですが、普段から練習試合などで相手選手のことを考えるようにしていたので、今回はその成果が少し出たと思い、とても自信になりました。

その一方で、まだまだ課題はたくさんあります。自分がリードしている時はリラックスしていて、相手をよく見ることができるのですが、相手にリードされている時でも冷静な判断をしなくてはいけないのに、私はまだまだ冷静になれず、悪い流れをいい流れに変えるのにとても時間がかかってしまいます。これは絶対に直さなくてはいけないと思っています。

切り替えを早くし、流れを早く止めることができれば、そこから自分のいい流れに持っていき、勝利が見えてくるはず。そうした、自分の流れが悪い時にいかに早く切り替えて、いい流れに持っていけるようにするかが今後の課題です。また、いい流れにするためには何をしたらいいのか、そこを瞬時に考え、周りをよく見れる精神状態でいられるように、普段の練習から調子がよくない時にどうすればいいのかをもっと考えて取り組みたいと思います。


テクニックの課題としては、もっとコートの中に入ってボレーを打てる展開をつくりたいと考えています。また、ボレーの精度をより上げて、自信をつけて大事な場面でもきちんと決められるようにたくさん練習したいと思います。

そして私は今、タイに来ています。
約1年ぶりの海外遠征で、今週から4週間、チェンライのITF大会(最初の2週はW25大会、その後の2週はW15大会)に出場する予定です。


タイへの入国は本当に大変でした。だいぶ緩和してきていますが、Thailandパス、保険、ワクチンの接種証明書などなど、入国するために必要な書類がとてもたくさんありました。

無事に入国することができ、今はタイ最北の町であるチェンライで練習を開始しました! ハードコートが9面あり、ホテルからコートまでのトランスポートなど設備もよく、タイでの環境はとてもいいです。


これから4週間、頑張っていきたいと思います!
引き続き応援のほど、よろしくお願いいたします。



【奥脇莉音のプロ奮闘記】過去のコラムはこちら

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP