close

2022.06.04

選手情報

女王シフォンテクが第1セットを先取、2年ぶり2度目の優勝に王手[全仏オープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

優勝に王手! シフォンテクが第1セットを先取

6月4日、「全仏オープン」女子シングルス決勝が行われ、第1シードのイガ・シフォンテク(ポーランド/世界ランク1位)と第18シードのココ・ガウフ(アメリカ/同23位)が対戦。シフォンテクが、6-1で第1セットを奪った。

【動画】“女王がセットを先取”シフォンテクの猛攻とガウフのカウンター

試合はガウフのサーブでスタート。初めてのグランドスラム決勝という緊張感からか、ガウフは動きが硬く、ミスが続いてしまう。その隙を逃さないシフォンテクが幸先よくブレークに成功。ペースの速いストロークで主導権を握る。

その後、第3ゲームでもブレークしたシフォンテクが4ゲームを連取。リードを保って、6-1で第1セットを奪った。

2020年大会のチャンピオンである21歳のシフォンテクは、2月から5大会連続優勝で今大会を迎えると、2000年以降では2番目の記録となる34連勝に伸ばし、初戦からシードを守って決勝に進出。2年ぶり2度目の優勝を狙う。

一方、18歳のガウフは初のグランドスラム決勝に進出。ダブルスでも決勝に進出しており、ここまで11試合を戦っているが、1セットも落とさない順調な勝ち上がりを見せている。

対戦成績はシフォンテクの2勝0敗。直近では、今年3月のWTA1000「マイアミ・オープン」で対戦し、6-3、6-1で勝利している。



■全仏オープン2022
日程/2022年5月22日(日)〜6月5日(日)
開催地/フランス・パリ:ローランギャロス
賞金総額/4,360万ユーロ(約59億円)
男女シングルス優勝賞金/220万ユーロ(約3億円)
サーフェス/クレーコート

【特集】全仏オープン2022の記事はこちら


無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=田沼武男

注⽬の記事PICK UP