close

2022.06.30

選手情報

チチパスが世界76位に快勝で3回戦進出。次戦で好調キリオスと対戦[ウィンブルドン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

チチパス、快勝で4年ぶりに3回戦進出

現地6月30日、ウィンブルドン男子シングルス2回戦が行われ、第4シードのステファノス・チチパス(ギリシャ/世界ランク5位)は、ジョーダン・トンプソン(オーストラリア/同76位)に6-2、6-3、7-5で快勝し、3回戦進出を決めた。

【画像】ウィンブルドン公式SNSもチチパスとキリオスの対戦を注目! 

チチパスは、前哨戦ATP250マヨルカ大会でキャリアを通じて芝大会で初めて優勝を果たし、今大会を迎えた。その初戦、予選勝者のアレクサンダー・リシャール(スイス/同188位)を7-6(1)、6-3、5-7、6-4で下し、4年ぶりに初戦を突破。ツアー優勝を果たしたことで、「このサーフェスがもっと好きになったよ。優勝できたことは自信になるし、その後より大きなタイトルを獲得することにつながる」と語っていた。

この日の試合も序盤から快調に飛ばして第1セットを6-2。ファーストサーブで93%、セカンドサーブで60%の確率でポイントを獲得し、サービスゲームでリズムを作って2度のブレークに成功した。

続く第2セットでも第4ゲームでこの試合最初のブレークを許したものの、チチパスはいたって冷静だった。第5ゲームですぐさまブレークバックすると、ストロークでトンプソンを押し込んで第7、第9ゲームもサービスゲームを破って、一気に5ゲームを連取。6-3で第2セットも奪うと、第3セットも順調にサービスキープを重ね、1ブレークを奪って7-5と快勝で3回戦進出を決めた。

次戦でチチパスは、前哨戦のATP500ハレ大会2回戦で敗れているニック・キリオス(オーストラリア/同40位)と対戦する。


■ウィンブルドン2022 [THE CHAMPIONSHIP WIMBLEDON]
・大会日程/2022年6月27日(月)〜7月10日(日)
・開催地/イギリス・ウィンブルドン:オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ(時差8時間)
・賞金総額/4035万ポンド(66億6160万円)
・男女シングルス優勝賞金/200万ポンド(3億3030万円)
・サーフェス/グラス(芝)コート
・TV中継・放送予定/WOWOW、NHK

【特集】ウィンブルドン2022の記事はこちら

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

注⽬の記事PICK UP