close

2022.07.03

選手情報

キリオスが前哨戦に続いて世界5位チチパスに勝利! 6年ぶり4度目のベスト16入り[ウィンブルドン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

キリオス、芝シーズンで世界5位チチパスに連勝

現地7月2日、ウィンブルドン男子シングルス3回戦が行われ、第4シードのステファノス・チチパス(ギリシャ/世界ランク5位)とニック・キリオス(オーストラリア/同40位)が対戦。6(2)-7、6-4、6-3、7-6(7)でキリオスが勝利し、2016年大会以来6年ぶりに4回戦進出を果たした。

【動画】キリオスがチチパスとの熱戦を制し6年ぶりベスト16! マッチハイライト

今季トップ10選手から3勝を挙げているキリオスは、前哨戦のATP500ハレ大会2回戦でチチパスと対戦し、5-7、6-2、6-4の接戦の末に勝利。芝シーズンは2大会でベスト4に入っており、好調だ。一方のチチパスは、前哨戦ATP250マヨルカ大会で芝コート初のタイトルを獲得。勢いに乗って今大会を迎えている。

第1セット、サーブを軸にテンポ良くサービスキープを続けるキリオスに対し、チチパスは4度のピンチを招くも、要所でサーブを決めて、すべて守り切る。互いにサービスキープが続き、タイブレークに突入。その中、チチパスは3-2でサーブ&ボレーに出てきたキリオスの横をきれいに抜くリターンウィナーを放って4-2とリードする。さらに、ミニブレークを重ねて7-2。拮抗した試合展開の中、チチパスが第1セットを取りきった。

続く第2セットも互いに一歩も譲らずサービスキープ。このまま再びタイブレークに持ち込まれるかと思われたが、第2セット第10ゲームでチチパスがスマッシュを決めきれず、キリオスがウィナーを決めて、6-4でセットを奪い返す。

これにいら立ちを見せたチチパスは、観客席にボールを放ち警告を受ける。だが、チチパスが放ったボールはライナー性でかなりのスピードが出ていた。キリオスは失格に値するのではと、スーパーバイザーまで呼んで抗議したが判定は変わらず。トイレットブレークから帰ってきたチチパスにはブーイングが浴びせられた。

判定に不満のキリオスはいら立ちを見せながらプレーは冷静。第3セット第4ゲームでフォアハンドのウィナーを決めて最初のブレークに成功する。一方、フラストレーションを溜めるチチパスは、第5ゲームのゲームポイントでキリオスのアンダーサーブに対し、返球の意思を見せずボールを強打。コート後方のスコアボードに直撃し、チチパスは2度目の警告を取られポイントペナルティとなった。

リードを奪っているキリオスは、ラリー戦でチチパスを動かしながらミスを引き出し、ポイントを積み上げ、ブレークを許さず。6-3で第3セットを奪った。

勝利まであと1セットとしたキリオスは、第4セット第1ゲームで0-40とブレークチャンスを握ったものの、これをものにできない。さらに、第7ゲームではチチパスの2本のダブルフォールトからブレークポイントを握ったが、ここも生かすことができず。

流れが悪い中、第8ゲームでチチパスの強烈なショットが決まり0-40とピンチを迎えたが、エース級のサーブを次々と決めて5連続ポイントでチチパスにリードを許さない。第10ゲームでも30-40とセットポイントを握られたが、これをしのぎ切ると、再びタイブレークへ。

互いに集中力を増す中、先にチチパスがフォアハンドのアプローチショットをミスしミニブレークを許したが、すぐさまミニブレーク。だが、8-7で最後はキリオスのドロップショットをチチパスが返球できず。接戦をものにし、2016年大会以来6年ぶりのベスト16入りを果たした。

2014年大会以来のベスト16入りを狙うキリオスは、4回戦でブランドン・ナカシマ(アメリカ/同56位)と対戦する。


■ウィンブルドン2022 [THE CHAMPIONSHIP WIMBLEDON]
・大会日程/2022年6月27日(月)〜7月10日(日)
・開催地/イギリス・ウィンブルドン:オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ(時差8時間)
・賞金総額/4035万ポンド(66億6160万円)
・男女シングルス優勝賞金/200万ポンド(3億3030万円)
・サーフェス/グラス(芝)コート
・TV中継・放送予定/WOWOW、NHK

【特集】ウィンブルドン2022の記事はこちら

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

注⽬の記事PICK UP