close

2022.07.07

選手情報

ハレプ対リバキナ、ジャバー対マリア、女子準決勝は必見! ウィンブルドン11日目7/7の見どころ

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

女子決勝に進出するのはどの選手になるのか!?

7月7日、ウィンブルドン11日目、大注目は女子シングルス準決勝。そのほか、車いすテニスの部がスタートし、男子第1シードの国枝慎吾(ユニクロ/同1位)、女子第2シードの上地結衣(三井住友銀行/同2位)らが登場。今回新設された14歳以下ジュニアの部・女子では市岡梓奈(グリーンテニスプラザ)がプレーする。

【試合予定】ウィンブルドン2022、ハレプ対リバキナ、ジャバー対マリアに注目[7/7オーダー・オブ・プレー]

センターコート第1試合(日本時間21時半開始予定)で行われるのは、第3シードのオンス・ジャバー(チュニジア/同2位)対タチアナ・マリア(ドイツ/同103位)。ノーシードのマリアは今大会、第5シードのマリア・サッカリー(ギリシャ/同5位)などシード3選手を撃破して勝ち上がってきている。勢いのままにジャバーも破ることになるか?

そして第2試合で第16シードのシモーナ・ハレプ(ルーマニア/世界ランク18位)対第17シードのエレナ・リバキナ(カザフスタン/世界ランク23位)が行われる。2019年大会女王のハレプは準々決勝終了後、「今日もベストなテニスができたと思う。次も自分を信じないとね」と自身も納得のプレーができていると語っている。対するリバキナは184cmというサイズを活かしたダイナミックなテニスが特徴。ハレプがどう攻略するのかが一つのポイントだ。

車いすテニスは本日からスタート。コート17第1試合(日本時間19時開始予定)で国枝が、第3試合で上地が準々決勝をプレーする。大谷桃子(かんぽ生命保険/同6位)は、コート14第2試合で準々決勝を戦う。そして、コート15第1試合(日本時間19時開始予定)には全仏オープンでグランドスラムデビューを果たした16 歳、小田凱人(東海理化/同7位)が、同コート第3試合ではクアードの菅野浩二(リクルート/同6位)が、それぞれ準々決勝に挑む。

そして、コート12第3試合では、石井さやか(HSS)/ランラーナ・タラルディー(タイ)がジュニア女子ダブルス準々決勝をプレー。また今回初めて行われる14歳以下の部・女子に市岡が登場。リーグ戦のためコート5第2試合、コート4第6試合と本日だけで2試合を消化する。



■ウィンブルドン2022
[THE CHAMPIONSHIP WIMBLEDON]
・大会日程/2022年6月27日(月)〜7月10日(日)
・開催地/イギリス・ウィンブルドン:オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ(時差8時間)
・賞金総額/4,035万ポンド(66億6,160万円)
・男女シングルス優勝賞金/200万ポンド(3億3,030万円)
・サーフェス/グラス(芝)コート
・TV中継・放送予定/WOWOW、NHK

【特集】ウィンブルドン2022の記事はこちら


無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP