close

2022.09.05

選手情報

メドベデフ、キリオスのプレーを称賛「ジョコやナダルのようだった」。世界1位陥落は「モチベーションになる」[USオープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

メドベデフ、キリオスを称える「優勝するチャンスは十分にある」

現地9月4日、USオープン男子シングルス4回戦が行われ、前年覇者で世界ランク1位のダニール・メドベデフは、第23シードのニック・キリオス(オーストラリア/同25位)に6(11)-7、6-3、3-6、2-6で敗れ、ベスト8入りならず。大会後に更新される世界ランクでも1位から陥落することが決まり、がっかりしているとしながらも「それがモチベーションになる」と述べた。

【動画】メドベデフが4回戦敗退。キリオスに連覇阻まれる マッチハイライト

今大会の前哨戦「ナショナル・バンク・オープン」(カナダ・モントリオール/ATPマスターズ1000)2回戦で対戦し、キリオスが6(2)-7、6-4、6-2とフルセットの末に逆転勝ち。そして、この日の試合も接戦を制したのは、キリオスだった。

試合序盤からメドベデフはストローク戦でポイントを奪っていこうとするも、キリオスも我慢強く対応し、第1セットはタイブレークに突入。3度のセットポイントが訪れたメドベデフだったが、あと1本が奪えずセットを失った。

続く第2セットは6-3で奪い返したものの、第3、第4セットでキリオスが再びギアを上げて、メドベデフはブレークすることができない。さらにアンフォーストエラーこそ少ないものの、生命線でもロングラリーに持ち込むことができず、サーブでのポイント獲得率も下がって2セットを連取されてセットカウント1-3で敗れた。

試合後の会見でメドベデフは、「彼はモントリオール大会でもいいプレーをしていたよ。ノバク(・ジョコビッチ)やラファ(・ナダル)と対戦してきたけど、今日のニックは彼らのようなプレーをしたと思う」とキリオスを称賛。「本当にレベルの高い試合だった。もし、彼が大会の最後までこのようなプレーをすれば、優勝するチャンスは十分にある」と語った。

また、昨年大会で優勝しているメドベデフは、この敗戦により1820ポイントが失効。今大会後に更新される世界ランクで1位から陥落することが決まった。

これについて「部屋で泣くほどではないが、少しがっかりしているよ。数日間は、携帯電話やパソコン、ドラマを見ても、悲しい気分で過ごすことになりそうだ」と素直な思いを語ったメドベデフだが、一方で世界1位になることが自身への発奮材料であると言う。

「試合の後、『くそっ、もう世界1位ではないのか』と思いながら歩くことはまずない。実際、自分がどの位置になるのかわからないんだ。おそらく3位か4位だろう。カルロス(・アルカラス)に抜かれるかもしれないね。でも、それがモチベーションになるし、もっといい成績を残せるように頑張るよ。今年最後のグランドスラムでいい結果を残すことができなかったんだ。オーストラリアではチャンスがあったのに勝てなかったし、ウィンブルドンは出場するチャンスもなかった。ローラン・ギャロスでは4回戦で敗退、そして、ここでも4回戦。また世界No.1になるには、もっとポイントを獲得しなければならないね」と自身を奮い立たせた。


■USオープン2022
・大会日程/2022年8月29日(月)〜9月11日(日)
・開催地/USTAビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニス・センター(時差13時間)
・賞金総額/6,010万ドル(81億7,390万円)
・男女シングルス優勝賞金/260万ドル(3億5,360万円)
・サーフェス/ハードコート(レイコールド)
・使用球/[男子]ウイルソン「USオープン・エキストラ・デューティ」、[女子]ウイルソン「USオープン・レギュラー・デューティ」

【特集】USオープン2022の記事はこちら

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

注⽬の記事PICK UP