close

2022.09.20

選手情報

本玉真唯、世界28位ジャンの高い壁に阻まれ初の東レPPO本戦は初戦敗退「相手のペースにはまってしまった」

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

本玉真唯、初のシングルス本戦も世界28位に敗れ初戦敗退

9月20日、「東レ パン パシフィック オープン」(東京・有明/WTA500)シングルス1回戦が行われ、ワイルドカード(主催者推薦)で出場の本玉真唯(島津製作所/世界ランク180位)は、ジャン・シューアイ(中国/同28位)と対戦。0-6、3-6のストレートで敗れた。

【画像】「東レ パン パシフィック オープンテニス 2022」シングルス本戦組み合わせ

今シーズン、本玉はウィンブルドンで予選突破しグランドスラム初出場を果たすと、2回戦に進出。今大会にはこれまで3度挑戦していたがいずれも予選敗退。初めての本戦出場となった。

初戦の相手は、今年3月のWTA250リヨン大会でツアー3勝目を挙げているジャン。WTA1000シンシナティ大会でのベスト8やUSオープン16強など調子を維持し、2016年に記録した自己最高ランキングの23位に近づく28位につけている。

第1セット、長いラリー戦も嫌がらず丁寧なストロークを放つジャン。スピードのあるショットも放つことができ、巧みなボールコントロールを見せる。タフなストローク戦となった本玉は、防戦一方となってしまい開始から6ゲームを奪われ0-6でセット失う。

なんとか食らいつきたい本玉は、第2セットに入ってから左右に振られても粘り強く対応。ジャンのリズムを崩して、ミスを引き出して互いにサービスキープを続ける。だが、第8ゲームでジャンの正確なショットが決まって、ラブゲームでブレークを許した本玉は、そのまま反撃の隙を与えてもらえず3-6と、初めての東レPPOは初戦敗退となった。

試合後、本玉はジャンのプレーについて「倍返しみたいなボールが返ってくる。本当にペースが速くて、最初は打たれるからこっちがもっと打たなきゃと思いすぎて、まんまと相手のペースにはまってしまった」コメント。第2セット序盤で、相手のペースを乱してミスを引き出す本玉らしいプレーを見せたが、「もう少し早くやれていたらよかったのに」と悔しさをにじませた。

それでも自分より経験豊富で、世界ランク28位に位置するジャンとの対戦から得るものも大きい。「トップ50に入っていて、すべてが丁寧。打点への入り方や自分がスライスになった瞬間にすぐにネットに詰めてきて、自分が切り返す暇もないくらい少しのチャンスも見逃さないというのを肌で感じられた」と、一つ一つのプレーの質の高さを挙げ、「自分もそこを目指さないと上のレベルでは勝てないなというのが、今日の試合で改めて感じた。この強い選手の中で揉まれることは、自分のプレーの質も上がってくる。自分もトップ100を目指してこのまま戦い続けたい」と語った。

勝利したジャンは、2回戦で第2シードのキャロライン・ガルシア(フランス/同10位)と対戦する。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

タグ

注⽬の記事PICK UP