close

2022.09.26

選手情報

世界選抜がレーバーカップ初優勝! 今大会で引退のフェデラーも勝利称える「素晴らしい週末になった」

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

Photo by Getty Images

マッケンロー率いる世界選抜が初優勝

現地9月25日、「レーバーカップ」(イギリス・ロンドン)の大会最終日に3試合が行われ、ジョン・マッケンローが率いる世界選抜が、ビョルン・ボルグ率いる欧州選抜に3連勝して大会初優勝を果たした。

【動画】世界選抜が大会初優勝! 歓喜のシャンパンファイト

先に13ポイントを獲得したチームが勝利となる今大会。大会2日目終了時点で欧州選抜が8-4でリードして迎えた大会最終日は1勝につき3ポイントが加算される。

第1試合で、世界選抜のフィリックス・オジェ・アリアシム(カナダ/同13位)/ジャック・ソック(アメリカ/同128位)が、欧州選抜のマッテオ・ベレッティーニ(イタリア/同15位)/アンディ・マレー(イギリス/同43位)を2-6,6-3、[10-8]で逆転勝利。

続く第2試合でもオジェ・アリアシムが、ノバク・ジョコビッチ(セルビア/同7位)を6-3、7-6(3)で下して、世界選抜が10-8で初優勝に王手をかける。

そして、第3試合では欧州選抜のステファノス・チチパス(ギリシャ/同6位)が、フランシス・ティアフォー(アメリカ/同19位)から第1セットを6-1と奪う。だが、第2セットでは互いにサービスキープをして迎えたタイブレークで、ティアフォーが4度のマッチポイントをしのいでセットを奪取。10ポイントマッチタイブレークも制して、世界選抜が大会初優勝を果たした。

2017年の初開催から4連敗を喫していた世界選抜のキャプテンを務めるマッケンローは、「これまでとの違いは、僕たちが戦い続けたことだ。このフォーマットは急に状況が変わることもある。その中、ジャックは僕たちにとって素晴らしい存在だ。どれだけ接戦だったかはダブルスで分かったね。ありがとうソック。そして、フィリックス(オジェ・アリアシム)、君は大きなステップアップを果たしたと言わざるを得ない。あれはすごかった」と、チームメイトを称賛。

「それにしても素晴らしいチームスピリットがあった。最初から戦っていたし、BIG4がいることは感じていたけど5年前、10年前とは状況が違う。苦しい戦いだったけど、世界選抜が勝てて良かった。メディアのみんなもそうだろう?」と大会初優勝に興奮を抑えることができなかった。

また、今大会限りで引退するロジャー・フェデラー(スイス)は、コート上で勝利した世界選抜の巻き返しを称え、「素晴らしい週末になった」と述べたものの、会見では「もちろんがっかりしているよ。声が出なくなるところだった。ロッカールームでアンディ(マレー)に言ったんだけど、僕は負けるのが好きじゃない。一度でも成功した経験があると、同じようにはいかないものだ」と悔しさを露わに。

「これまでいろいろな形でレーバーカップを楽しんできたけど、来年はまったく違ったものになるだろう。(来年開催地の)カナダ・バンクーバーはきっと素晴らしものになると思う。楽しみにしているよ」と来年は異なる立場でのレーバーカップを楽しみにした。


無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP