close

2022.10.03

選手情報

錦織圭、10月チャレンジャー大会は予選ワイルドカードか。大会関係者が明らかに

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

錦織圭の復帰戦は予選からになるだろう大会関係者が明らかに

10月10日にアメリカ・カリフォルニアで開催される「フェアフィールド・プロテニス選手権」は、錦織圭(ユニクロ/世界ランク750位)に予選のワイルドカード(主催者推薦)を与えると、大会関係者が明らかにした。

【SNS】錦織圭、大型のハリケーン直撃もファンに無事を報告「初めてこんな怖い思いをしました」

今年1月に左股関節の手術を受けた錦織は、復帰に向けてトレーニングを継続。9月15日には、3年ぶりに日本で開催される「楽天ジャパンオープン」(東京・有明/ATP500/10月3日~9日)の欠場を明らかにしたものの、「アメリカでチャレンジャー(大会)でスタートすることになりました」とツアー下部大会での復帰を示唆していた。

「フェアフィールド・プロテニス選手権」のトーナメント・ディレクターを務めるフィル・チェロ氏は、錦織に予選ワイルドカードを与えることを明らかにし、本戦ではなく予選であることの理由については、自身が与えられる本戦ワイルドカードは1つしかなく、その枠は以前から決定していたという。

また、残りの本戦ワイルドカードもアメリカで開催されるチャレンジャー大会の場合は、自国選手もしくはアメリカの大学でプレーしている海外選手に渡されることとなるようで、そのため錦織に与えられたのが予選のワイルドカードだったようだ。もし、プロテクトランキングを使用せずチャレンジャー大会に予選から出場となれば、2008年1月以来約14年8ヵ月ぶりとなる。

昨年10月のATPマスターズ1000インディアンウェルズ大会を最後に、実戦から遠ざかっている錦織。復帰が待たれるところだが、1年ぶりの実戦の場となるだろうか。

なお、「カルガリー・ナショナル・バンク・チャレンジャー」(カナダ・カルガリー/11月6日~13日)、「ドラモンビル・ナショナル・バンク・チャレンジャー」(11月14日~20日)もワイルドカード(主催者推薦)を与えると発表している。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

タグ

注⽬の記事PICK UP